長嶋一茂、「野村克則と“合わせたら”最高」とは!?あのヤクルトOBが動画分析

拡大画像を見る

 ともに元プロ野球選手の長嶋一茂氏と野村克則氏と言えば、一茂氏はミスタージャイアンツこと長嶋茂雄氏の長男であり、克則氏はID野球の名将・野村克也氏(故人)の息子。ともに、球界に名を残すレジェンドが父親である2人だ。

 一茂氏は、ヤクルト、巨人の2球団で、プロ通算7年の161安打。克則氏は、ヤクルト、阪神、巨人、楽天とセ・パ4球団を渡り歩き、プロ通算8年の66安打。父親の存在が偉大過ぎるがゆえに、息子の苦悩もうかがえるというものだ…。

 そんな2人を新人時代から知る、ヤクルトスワローズ一筋だった元プロ野球選手・八重樫幸雄氏が、日本プロ野球OBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に出演。11月5日付け投稿回〈【怒りもしたけど】長嶋一茂と野村克則を合わせたらとんでもない化け物が生まれていた〉において、2人の資質について語った。

 八重樫氏いわく、体力に恵まれた一茂だが、言われて練習することはあっても、率先して…ということはなかったそうで、ミスターの息子と言うこともあり、「甘やかした」当時の首脳陣を痛烈に批判。一方、克則氏は、とことん突き詰めてやっていくタイプなのだが、キャッチャーとしては股の間や膝などの関節の硬さが目立ち、フィジカル面に難があった。そんな両者について八重樫氏は、「2人が合致したら最高なんだよ」と発言。どうやら、2人それぞれの長所を両方の短所と少しでも交換するような形になっていたら、2人ともとんでもなく凄い選手になっていたということを示唆していたようだ。

 一茂氏は、ノックを受ける際中、疲労困憊をアピールするためにわざと倒れ込み、舌を出していたといったエピソードも語られたが、そんな一茂氏は現在タレントとして活躍。努力家の克則氏は、楽天の二軍育成捕手コーチを務めている。

 ともに、特性を生かした第2の人生を歩んでいると言えそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/12 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます