元AKB島崎遥香 一夫多妻制第3の妻役に挑戦 役作りで髪25センチカット

拡大画像を見る

 元AKB48で女優の島崎遥香(27)が、2022年1月スタートのABCテレビのドラマ「ハレ婚。」(日曜、後11・55。テレビ神奈川は火曜、後11・00)に主演し、自身初の新妻役に挑むことが11日、分かった。連ドラ主演は約6年ぶりで、役作りのためロングヘアを25センチカットするなど意気込んでいる。

 「ヤングマガジン」で連載され累計260万部を突破した同名人気コミックが原作。少子高齢化や過疎化対策として一夫多妻制が認められた特区で繰り広げられる異色のラブコメディーで、島崎は浮気男とばかり付き合ってしまう“既婚者ハンター”の異名を持つ小春を演じる。

 一夫多妻の“ハレ婚”家庭に、第3の妻として嫁ぐという複雑な役どころながら島崎は「私自身が男性っぽい性格なのか、ハレ婚をする(夫の)龍之介の気持ちがちょっと分かるような気がしました」と不思議な新婚生活にも理解を示す。がむしゃらで無鉄砲なヒロインにも「後先考えなかったり、思ったことをストレートに言ってしまって1人反省したりする時がある」と自身を重ね合わせた。

 原作ファンの心をつかむために日々勉強中というぱるるは「是非、推しメンを見つけながら楽しんで観てもらえたらなと思います!」。伸ばし続けていた髪を切って気合を入れ、ホットパンツ姿がトレードマークの新妻役に体当たりする。

関連リンク

  • 11/12 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます