「もっと点を入れて勝ちたかった」伊東純也、2点目の取り消しは「しょうがない」

拡大画像を見る

 日本代表MF伊東純也が、11日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第5節ベトナム代表戦を振り返った。

 先発出場した伊東は、17分に南野拓実の折り返しを押し込んで先制点を記録。41分には伊東がカットインから右足を振り抜いてネットを揺らしたが、シュートの軌道上にいた田中碧のオフサイドをとられて得点は取り消された。結局、日本代表は1-0で勝利し、最終予選で3勝目を挙げた。

 試合後のオンラインのメディア対応で得点シーンを振り返った伊東は、「カウンター気味で拓実がうまく裏に抜けたので、(自分は)とにかく相手の前に入って。速いボールがほしいと思ったら、ちょうど拓実からいいボールが来たので、押し込むだけでした」とコメント。また、幻の2点目については次のように語っている。

「ボールがこぼれてきたので、そこにいち早く反応して、サイドで一対一だったので仕掛けた。最初はクロスを上げようと思ったんですけど、カットインして打てると思ったので、思い切り打ったらいいコースに飛びました」
 
「(ゴール取り消しは)別に、しょうがないなと思いました」

「(左は)いつもやっているサイドではないので、得意というわけではないですけど、右利きなのでカットインしたらシュートは打ちやすい。それがうまくハマったかなと思います」 

 ピッチコンディションについては「全体的に難しさもありました」とした一方で、「ピッチを言い訳にできない」ともコメント。「もっと点を入れて勝ちたかったですけど、しっかり勝てたのでよかったと思います」と、最低限の結果に手応えを示した。

 また、試合終盤には足を痛める場面もあった伊東。「スライディングしてカットしたとき、相手のどこが入ったのかわからないですけど、そのまま全体重を乗っけてきた。今はアイシングをしている感じです。打撲なので、個人的には大丈夫だと思っています」と自身の状態について語った。
 
 16日にはアウェイでオマーン代表と対戦。最終予選第1節で敗れた相手との再戦に向けて、伊東は「前回もサイドからチャンスは作れていたけど、ゴールにならなかったということがあった。今回はしっかりゴールに結び付けたいと思います」と意気込みを示している。

関連リンク

  • 11/12 2:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます