「ドクターX」5話、松下奈緒“灯”にレギュラー入り希望の声続出、要潤との共演に「まんぷく」を思い出す視聴者も

拡大画像を見る

米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」の5話が11月11日放送。フリー看護師役でゲスト出演した松下奈緒に“レギュラー入り”を希望する声が送られるとともに、要潤との共演に朝ドラ「まんぷく」を思い出す視聴者も続出している。

シリーズ10年目を迎えた人気シリーズ最新シーズンとなる本作は、不要不急の外科手術は延期する方針となった日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で、米倉さん演じる“失敗しない”フリーランス外科医・大門未知子が疲弊しきった医療現場でも怯むことなく、確実に目の前の命を救うべくまい進する姿を描いていく。

米倉さんのほか、こちらもフリーランスの麻酔科医・城之内博美に内田有紀。未知子が師匠と慕う神原名医紹介所所長・神原晶に岸部一徳。「ケミカルサージェリー」を推進する東帝大学病院内科部長・蜂須賀隆太郎に野村萬斎。海外では「ホワイトジャック」と呼ばれている興梠広に要潤。外科副部長をしている加地秀樹に勝村政信。未知子に命を救われた広報室長の三国蝶子に杉田かおる。看護師の大間正子に今田美桜といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回は松下さん演じるフリーランス看護師・那須田灯が東帝大学病院にやってくる。病院では蜂須賀が内科と外科を統一した「メディカルソリューション本部」を立ち上げ、外科手術は興梠を中心に行うと宣言したところだった。

そんななか五木和男(井上肇)の直腸がん手術が行われる。灯がオペ看を担当、興梠の指示を待つことなく、次々と的確な器械を差し出すのだが、そんな灯に興梠は憤慨。灯をオペ看から交代させ、正子が引き継ぐ。ところが翌日、五木は激しい腹痛を訴え再手術が必要な状態となる。未知子はオペに問題があると考え調べようとするが、興梠はミスを隠蔽、正子に責任を負わせクビにしてしまう。

城之内と灯がオペ看となり再手術が行われる。傲慢な態度で手術を続ける興梠に灯が「執刀医、交代!」と口にすると未知子が現れる。…というストーリー展開。

未知子、城之内、灯、正子らによるオペシーンに「今日のドクターX良~ 強い女ばっか出てくる」「ドクターXこの手術室強い女しかいなくて何もかもが強い」など絶賛の声が。特に灯を演じた松下さんには「クッソ無愛想でクールでドがつくほど有能な松下奈緒さんナース今回1回きりなんてヤダーーーッ!!!」「松下奈緒がめちゃカッコいい。1回だけのゲスト出演なんて勿体ない。紹介所のメンバーとしてレギュラー化して欲しい」といった反応が続々と投稿される。

一方、興梠役の要さんにも「コオロギ先生がめちゃくちゃ嫌なやつにみえるのは要潤さんの演技がクソうまいから」「要潤の負け犬感ある演技もうますぎる」などの感想が。また要さんと松下さんの共演に「NHK朝ドラ「まんぷく」で、二人は夫婦だったような…」「既視感あるなと思ったら「まんぷく」だった」など、朝ドラ「まんぷく」を思い出す視聴者からの声も寄せられている。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/11 23:05
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます