それって一体誰の名前? 義実家と距離を置こうと思った瞬間vol. 3

夫の大切な両親であり、結婚した以上は身内となる義実家。そのため大切にしなきゃいけないのは重々承知なのですが、「もうムリかも……」と心が折れる瞬間もあるよう。ましてや自分だけじゃなく子どもにまで被害が及んだ場合、これ以上親密になるのは危険だと察するでしょう。
そこで今回は「義実家と距離を置こうと思った瞬間」をご紹介します。

何度も名前を間違えてくる

・「姑が頻繁に私の名前を間違えること。しかも夫の高校時代の元カノの名前で呼んでくるんです。毎回『もう歳で名前が覚えられなくて……。ごめんなさいね~』と謝ってくるけれど、孫の名前は絶対に間違えない。これってわざとですよね?」(30代/主婦)

・「もう5年以上の付き合いなのに、いまだに私の名前を間違える姑。呼び方はあっているけれど、年賀状や手紙の漢字が違うんです。こちらが送った手紙を見れば、いくらだって確認できるのに……。こういう人とは深く関わりたくないですよね」(30代/パート)

▽ 1、2回なら仕方ないと思えますが、何度も名前を間違えるのは失礼なもの。もはや嫌がらせとしか思えないですよね。とはいえやんわり注意できても、それ以上追求できないもの。あまりに長引くようなら、夫から言ってもらうしかなさそうですね。

次回も「義実家と距離を置こうと思った瞬間」をご紹介します!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 14:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます