木下優樹菜の芸能活動復帰希望は「アンチの多さに気がついたから!?」

拡大画像を見る

 2019年に姉が勤務していたタピオカ店とトラブルを起こし、店側から1000万円の損害賠償を求められていた件で、10月27日、元タレントの木下優樹菜(33)に対し脅迫行為や名誉毀損が認定され、40万円の賠償命令が出された。その翌日木下は、自身のYouTubeチャンネルを更新し、涙ながらに謝罪する動画を公開し話題になっていた。

※動画は「taishu.jp」で

 この木下の「タピオカ事件と今後」について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析がなされた。

 座談会では、今回の謝罪動画に感じる「ある違和感」について、また一度は芸能界引退を宣言した木下の「心変わりの理由」について、さらに木下に待ち受ける「厳しい今後の展開」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は占いができるグラドル「グラない師」として活動中のあみーぴーさん、芸能リポーターの佐々木博之氏、メディアジャーナリストの浦憲三氏(音声のみで参加)、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/ubctyk_dzMg

関連リンク

  • 11/11 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます