志田未来、ラブストーリーに意欲「キュンキュンするような作品をやってみたい」“ハリー・ポッター”スタイルで登場

【モデルプレス=2021/11/11】女優の志田未来が11日、都内の丸ビルで行われた「Marunouchi Bright Christmas 2021」の点灯式に、タレントのハリー杉山とともに出席。今後やってみたい役について明かした。

◆志田未来、ラブストーリーに意欲

来年映画デビュー20年となる志田は、「今まで色々な役をした。役と一緒に成長している。これからも作品、役を選ばずにたくさんの役を演じていきたい」と抱負。

挑戦してみたい役は「28歳なんですがあまり恋愛モノをやったことないので、キュンキュンするような作品をやってみたい。ぜひよろしくお願いします!」とカメラに向かってアピール。杉山が「『愛の不時着』みたいな作品はどう?」と聞くと、「いいですね!こってり、濃厚ですね」と意欲的だった。

◆志田未来、“ハリー・ポッター”スタイルがお似合い

今年の丸ビルは「ハリー・ポッター」の世界観を表現したクリスマスツリーとあって、志田は劇中に登場する寮・グリフィンドールのマフラーを巻いて登場。点灯式は手の持つ魔法の杖で行われ、志田が「ルーモス・マキシマ!」と呪文と唱えながら杖を振ると約9メートルのツリーに光が灯った。

杉山は生粋のハリー・ポッターファン“ポッタリアン”だが、俳優・小関裕太も大ファンとして知られている。小関と親交が深いという杉山は「2人で必ず(ハリー・ポッターのイベントなどに)行くので、ここに大至急連れてきたい」と話すと、志田が「2人とも目立つのでは?」と質問。すると「いやいや我々はガチのコスプレで行くので(バレない)」と完全なる“ガチ勢”だった。

◆志田未来、クリスマスの思い出は?

「もし魔法が使えたら?」と聞かれると、志田は「女子なのでアクセサリーやジュエリーが欲しい。ちょっといいやつ。魔法を使って手に入れたい。シンプルな格好が多いのでポイントになるような、色が付いたものがほしいですね」と微笑んだ。

また、クリスマスの思い出を聞かれると「初めて一人暮らししたとき、母が寂しくないようにクリスマスツリーを買ってくれた」と振り返り、「そのツリーは今でも大切に保管していて、今日点灯式なのでお家に飾ってきました」と告白。クリスマスのデコレーションは「そこまで頑張らないけど光は欲しい。小さいけどちゃんと光らせたい」と語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/11 19:56
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます