親友だと思っていた【男友達からの告白】を上手に断るには?

拡大画像を見る


幼馴染や親友だと思っていた男友達からふとした瞬間にいきなり告白された経験のある女性もいらっしゃることでしょう。
あなたからしてみれば、これまで一度も恋愛対象として見ていなかった親友の男友達から、いきなり告白されると、正直びっくりしますしちょっぴり気まずいですよね。
やはり自分にとって親友の男友達ということもあり、できれば関係を壊さず相手を傷つけずに上手に断りたいと思うことでしょう。
そこでこの記事では、親友だと思っていた男友達からの告白を上手に断る方法についてご紹介いたします。


素直に断る

やはり変な理由をつけて断ってもバレたときに余計に男友達を傷付けたり、二人の関係が壊れて気まずい雰囲気になります。
親友だと思っていた男友達からの告白を上手に断るためには、「ごめん仲のいい友達としてしか見れない」と素直に伝えましょう。
きっと男友達も「当然だよな」「ごめんね変なこと言って」と、素直に受け入れて納得してくれるはずです。


ほかに好きな人がいると断る

親友だと思っていた男友達からの告白を上手に断るには、「ごめん、今ほかに好きな人がいる」と伝えましょう。
これは片思いしている相手がいる場合ですが、本当にほかに好きな人がいるならきっと親友も納得して諦めてくれます。
また二人の間の親友という関係もきっと壊れませんので、ちょっぴりぎこちないかもしれませんが、これまで通りの仲には戻れるはずです。


今は恋愛のことを考えたくないと断る

「今は恋愛のことを考えたくない」という理由で、親友だと思っていた男友達からの告白を上手に断りましょう。
恋愛そのものをしたくないと男友達にしっかりと伝えて断れば、素直に納得してくれますしきっと諦めてくれるはずです。
二人の間にも余計なヒビが入りませんし男友達を傷つけないので、今まで通りの仲のいい親友を続けられます。
しかし恋愛をしたくないと言った以上は、しばらくの間ほかの誰とも付き合えないので、万が一告白されてもしっかりと断りましょう。


お礼を言って上手に断ります

親友だと思っていた男友達からの告白には、「好きになってくれてありがとう、でも〇〇とは付き合えないごめんね」とお礼を言いましょう。
やはり自分のことを好きになってくれた感謝をしっかりと伝えて断れば、勇気を出して告白した男友達もスッキリしますし、きっと二人の関係も壊れません。
男友達も断られても嫌な気持ちになりませんし、あなたに対しての印象も悪くならずいい状態を保てます。


まとめ

あなたからしてみれば、親友だと思っていた男友達いきなり告白されたらびっくりしますが、素直な気持ちを伝えてしっかりと断りましょう。
「〇〇のことは親友として見てるから付き合えない、ごめんね」と、あなたが素直な気持ちを伝えれば男友達も悪い印象を持たずに納得してくれるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/11 20:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます