視聴率急落フジ『SUPER RICH』の赤楚衛二・町田啓太の江口のりこ「理不尽モテ」は誰のため? イケメン頼みの限界を露呈

拡大画像を見る

 江口のりこ(41)主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第4話が11月4日に放送され、平均世帯視聴率が6.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、初回の7.8%から伸び悩んだ前回の7.6%より、さらに0.9ポイント急落してしまった。

 同ドラマは、お金はあっても愛に飢えている、ベンチャー企業の女性社長・氷河衛(江口のりこ)と、愛はあってもお金がない貧乏専門学生・春野優(赤楚衛二/27)という真逆の2人が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えていく波瀾万丈な物語を描くオリジナルドラマ。

 第4話で、衛は優を「スリースターブックス」の社員として採用することに。そんな中、一ノ瀬亮(戸次重幸/47)が逮捕されたと連絡が入り、衛、宮村空(町田啓太/31)、今吉零子(中村ゆり/39)ら役員が集まり、亮を相手に民事裁判を起こそうと協議。衛は亮の面会に行くが、亮に民事裁判のことを伝えられなかった。

 その後の役員会議で、衛が新たな会社の目標として月5000万円の売り上げを掲げると、空は新しい企画を提案。それは、飲料メーカーのペットボトルのラベルに漫画を掲載するというもので、興味を示した衛はさっそく、空とコンペの説明会に参加するが、会場で空は急に顔色を変え、席を外してしまう。

 実は、コンペを仕切る司会進行として登場したのは、かつて空をパワハラで苦しめた、広告代理店の元上司の宍戸和樹(川瀬陽太/51)で、これをきっかけに空の過去が明らかに。回想シーンでは、宍戸に全裸で謝罪するよう命じられ、ベルトを外してズボンを脱ぐ空のショッキングな姿も見られた。

■社会派エピソードと胸キュンが同居の違和感

 空に偶然出会った衛が強引に会社を辞めさせ自分の会社に誘うなど、感動的なエピソードだったが、ほかにも、会社の存続をかけたコンペに対する妨害工作や、田中リリカ(志田未来/28)らインターンたちの就職問題、東海林達也(矢本悠馬/31)の引き抜き問題など、今回はエピソードを詰め過ぎた印象が強い。

 また、空が衛の手を取り、「好きです。ずっと好きでした」と告白すると、そのやりとりを見ていた優も「僕、衛さんのこと、好きなんだと思います」と告白。だが、胸キュンするどころか“尊敬と愛情を混同してない?”などと、衛がモテまくる説得力の弱さにモヤモヤしてしまった。

 社会派なエピソードが盛りだくさんな回だったのに、2人のイケメンの告白エピソードまで入れ込んできたのは、胸キュン目当ての視聴者を意識したのかもしれないが、取り散らかってしまったぶん、衛への告白がしっくりこなくなってしまう弊害となり、視聴率の低下に繋がったのかもしれない。

 それでも救いになったのは町田の好演で、視聴者はツイッター上で「やっぱり表現力スゴいなぁ。見ながら私まで苦しくなりました」「まっちーの泣きの演技って本当にスゴい。国宝級スーパーフォトジェニックなのに、震えて涙を浮かべる姿はあまりに弱々しくて正視できない」などと、絶賛の声が相次いでいた。

 次回の予告動画では、「急展開の第2章」「物語は1年後の世界へ」というメッセージとともに、1年間の留学から戻ってきた優が登場。成長した優が活躍するらしい。今回の告白の答えは出されるのか、会社の立て直しは進んでいるのか気になるが、実力のある役者は揃っているので、視聴率回復にも期待したいところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 11/11 19:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます