寺門ジモン、“実は関西出身”の衝撃 ぎこちない「なんでやねん」に陣内智則も「ヘタクソ」

拡大画像を見る

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが10日に放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)に出演。「関西人狼」という企画の中でぎこちない「なんでやねん」を披露すると、共演していた陣内智則から「ヘタクソ」とツッコまれる一幕があった。

 この日の番組では、集められた8人のタレントから5人の“隠れ”関西人と残された3人の“ニセ”関西人を探し出す「関西人狼」という企画がオンエアされた。集まったのは寺門のほか、稲村亜美、川崎麻世、渡部陽一、大橋未歩、林家ぺー、アキラ100%、大沢あかねという面々。

 ニセ関西人を見抜くために早速関西弁でのトークがスタート。どこかぎこちないイントネーションで寺門が「寺門ジモンでございますぅ」と口火を切ると、すかさず大橋が「いきなりコテコテすぎませんか?」「ジモンさんまったくそんなイメージないですよね?」と追求。他の共演者も大橋の主張に同調する中、寺門も引かず「言っとくけど、ワシは古い大阪弁やねん。大阪でも古いねん」「30年40年経つとな、言葉もだいぶ変わるねん」と、どこか芝居がかった関西弁で応戦。別室でモニターを眺めていた進行役の陣内も「関西弁ひどいなぁ〜」と首を傾げた。

 この第一声から早々にニセ関西人と疑われた寺門は、6名のタレントから“ニセ”の判定をされ退場。納得できない様子の寺門は陣内から「ジモンさんはニセ関西人ですか? それとも関西人でしょうか?」と聞かれると、寺門は「関西人です!」と即答。スタジオのダウンタウンやゲストも驚きの声を上げる中、寺門は兵庫県川西市出身であることをカミングアウト。小学校からは大阪府箕面市で暮らしていたことを明かした。驚いた陣内から「“なんでやねん”お願いしていいですか?」とリクエストされた寺門は真剣な表情で「なんでやねぇん!」とシャウト。これに陣内は「ヘタクソやねんなぁ」と再び首を傾げていた。

関連リンク

  • 11/11 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます