“アナログ捜査官”ジェイソン・クラークが“天才”ニック・ロビンソンを追い詰める!『シルクロード.com』予告編

拡大画像を見る

驚愕の実話から生まれたサイバー・ダーク・サスペンス『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』より、予告編とポスタービジュアル、場面写真が一挙解禁となった。




本作は、ダークウェブ上に実在した闇サイト〈シルクロード〉をパソコンも使えないアナログ捜査官が追い詰める姿をスリリング描いた。〈シルクロード〉を立ち上げた天才ロス・ウルブリヒトを『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソン、捜査官リック・ボーデンを『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラークが演じる。

この度解禁された予告編では、史上最大の闇サイト〈シルクロード〉を立ち上げた若き天才ロスと、それを追う麻薬捜査官リックの姿が映し出される。「世界を変えるぞ」「アマゾンのドラッグ版だ」とロスが立ち上げた闇サイトが見る見るうちに全米に広がり、1日で売り上げ1億超えの巨大闇サイトへと成長。

事件を追うリックは、PCも使えない現場主義の麻薬捜査官。「じいさんの出る幕じゃない」「お前の古い操作で捕まえられると?」と年下の捜査官たちに馬鹿にされながらも、「今世紀最大の大物だ。どんな手を使っても引きずり出す」とロス逮捕に異常なまでの執着心を見せる。そして「お前に殺人罪を着せてやる」とリックの捜査は徐々に一線を超えていき…。次第に過激さを増していくなかで、『リチャード・ジュエル』のポール・ウォルター・ハウザー演じるロスの協力者を水攻めで拷問する姿も。果たして全米が震撼したサイバー犯罪時件の捜査の行方とは…? 「誰もがこの闇に堕ちる」という不穏なテロップと共に映し出されるスリリングな映像に、期待が高まる予告編となっている。

併せてポスタービジュアルと場面写真も解禁。ポスタービジュアルは“ダークウェブ”、“ビットコイン”、“ドラッグ”、“サイバー捜査”など、本作のキーワードと共に、アナログ捜査官リックと、天才サイバー犯罪者ロスが対照的に写し出されたもの。場面写真でも2人の緊迫した表情が切り取られ、一筋縄ではいかない攻防を予感させる。

『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』は2022年1月21日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
シルクロード.com ―史上最大の闇サ イト― 2022年1月21日より新宿バルト9ほか全国にて公開
©2020 SILK ROAD MOVIE, LLC ALL RIGHTS RESERD. VE

関連リンク

  • 11/11 19:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます