驚きの野暮ったさ!タートルで老け見えする人が「やらかしている」ことって?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/257689/ )

首までしっかり暖かい秋冬定番のタートルネックニット。

とくに昨今は丸襟トップスが人気なので、そのインナーに使えるタートルネックニットもますます売れているんです!

ただ、万能なタートルネックも着こなしによってはオバ見え化が加速する可能性も秘めています…。そこで今回は、野暮ったくなるタートルネックコーディネートと改善テクニックをご紹介。

 

「血の気の薄いオバさん」ベージュタートル × ダウンジャケット

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/257689/ )

タートルネックはシンプルだからこそ、そのまま着ただけでは良くて普通。悪いとダサ見えします。

 

なかでも注意が必要なのがベージュ色のタートルネックですね。よく雑誌やSNSではベージュは「大人に似合う上品な色」として親しまれていますが、もちろんそれも着こなし方次第です。とくに他の組み合わせるアイテムが暗い色ばかりだと一気に老け込むので気をつけてください。

 

さて、そんなタートルネックのコーデで多く見かけるNGな事例とは? やはり薄手のダウンジャケットとの組み合わせでしょうか。

 

ダウンジャケットもデザインやシルエットにこだわりが感じられないアイテムほどダサく見えます。より上質なデザインを見極める目がないと失敗しやすいので、なるべく避けたほうがベターです。代わりにハズレのないリバーコートやノーカラーコートと組み合わせると良いでしょう。

 

ベージュのタートルネックニットを着ると顔が老ける場合、白地のチェック柄ストールを羽織るのもおすすめです。白は顔のトーンアップに役立ち、柄はコーデ全体を華やかにしてくれます。

 

「必然的にオバ見え」くすんだオバ色 × ゆったりオフタートルネック

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/257689/ )

昨今、ビビッドな色ではなく少しくすんだような色合いのニットが定番人気です。

 

派手な色を着るよりも馴染みよく安心して着られるのが、くすみカラーの良い点ですよね。しかし、だからこそ顔が老けやすい・野暮ったくなりやすいというデメリットがあります。加えて身幅がゆったりしたオフタートルネックニットであったなら、それはもうオバ見えアイテム確定!

 

「動きやすい」「体型カバーできる」「馴染みの良い色」この三拍子が揃ったアイテムは確かに売れ筋商品ですが、別の見方をするとオバ見え商品という可能性もあるのです。

 

さて、もしそんな老け感のあるタートルネックを購入してしまった場合、どう解決すると良いか。

 

1・アクセサリーをプラスして華やかさを出す。

2・髪の毛はツヤを出す。

3・指先に発色の良い鮮やかなネイルをする。

4・ボトムスは明るい色に切り替える。

要所要所で改善すべき点は多いのですが、最低でもこの4点を押さえるだけで見違えるほど洗練されます!ぜひお試しを。

 

若見えする「良いタートルネック」の見極め方は?

今年新たなタートルネックニットの購入を検討されている方は、首のたるみ具合に注目をしてみてください。質の良いタートルネックは襟の立ち上がりが美しく、タートルネックを少したるませるだけで、首が少しチラ見えしておさまりが良くなります。

 

また着ているうちに襟まわりが伸びてしまったり、タートルネックがへたれてきたりしたら買い替えのサイン。本格的な寒さがやって来る前にお手持ちのアイテムをチェックしてみてくださいね。

 

関連リンク

  • 11/11 10:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます