男性のテンションを上げる!デートの誘いへの「モテ返信」9パターン

気になるカレからデートのお誘いがきたら、どんなふうに答えますか?モテる女性は返信の時点で、男性の心をわしづかみにするようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性115名に聞いたアンケートを参考に「男性のテンションを上げる!デートの誘いへの『モテ返信』」をご紹介します。

【1】「よろこんで!」とノリノリで切り返す
「絶対にデートがうまくいくって思えます」(20代男性)というように、テンション高めにOKを返すと、男性の気分も盛り上がるようです。即答するより、数時間置いてからノリのいいリアクションをみせたほうが、爆発的な効果をもたらしそうです。

【2】「おしゃれ頑張るね!」とデートへの気合いを見せる
「服選びで悩んでいるなんてけなげだなあと思います」(20代男性)というように、返信文のなかにやる気をうかがわせる一言をねじ込むのもいいでしょう。「おしゃれ」や「早起き」などの言葉を使うと、気合いを入れて準備する様子が伝わりそうです。

【3】「じゃあどこで集合する?」とはやる気持ちを全開にする
「おお!やる気満々じゃん!と思いますね」(20代男性)というように、楽しむ気満々の気持ちをそのまま届けてしまうのもいいかもしれません。どこで何をするのかなど、当日のプランを楽しく話し合ってみてはいかがでしょうか。

【4】「明日、楽しみです!」とウキウキ気分を伝える
「『楽しみ』なんて言われたら、こっちも嬉しくなりますね」(20代男性)というように、ワクワクする気持ちをダイレクトに表現するのも、素直で明るい印象を与えそうです。相手が少しでも年上なら、「年下女子ならではのかわいらしさ」を前面に打ち出したいところです。

【5】「二人きりとか緊張する!」と胸の鼓動を届ける
「こっちまで緊張してしまいます…」(20代男性)というように、デート直前の複雑な心境を明かして、軽くプレッシャーを与えてみるのもいいかもしれません。友達以上の関係に発展しそうな男性には、「異性」を意識してもらえるのではないでしょうか。

【6】「いつ誘ってくれるのかと思って待ってたよー」と喜びをさらけ出す
「なんだ、もっと早く言えばよかった…と思いました」(20代男性)というように、お誘いの時点で好意をほのめかしてしまうのもよさそうです。相手が本命の男性なら、駆け引きをするより気持ちを前面に出していったほうが話が早そうです。

【7】「明日は『デート』だと思っていいですか?」と念を押す
「そう言われると、ちょっと緊張します」(20代男性)というように、何のために二人で会うのか理由をハッキリさせて、恋愛ムードを高めるパターンです。ただの「遊び」なのか「デート」なのか判断できない場合は、当日を迎える前に確認するといいでしょう。

【8】「夜も予定明けといたほうがいいかな?」と意味深な質問をする
「ひょっとしたら急展開も…と期待してしまいます(笑)」(20代男性)というように、「丸一日をあなたに預ける」と先に告げておくと、それなりの覚悟でデートに臨んでもらえるかもしれません。一気に距離を詰めたければ、この段階から小悪魔的に攻めましょう。

【9】「よろしくお願いします」と急にかしこまる
「なんかお見合いみたいでドキドキする」(20代男性)というように、あえて丁寧な言葉遣いで姿勢を正すのも新鮮味がありそうです。当日は、お互いを意識してぎこちなくなりそうですが、その分、ドキドキ感たっぷりの新デートを楽しめるでしょう。

デートに誘われたら、駆け引き抜きで素直に喜びの気持ちを返したほうが、相手の心をつかめるようです。安く見られたくないからと、もったいぶっていたら損をするかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2015年6月30日から7月7日まで 対象:合計115名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます