即完売「天下一品×ルコック」コラボスニーカーのネット取引価格が凄いことに

拡大画像を見る

 1971年に京都・銀閣寺の周辺で木村勉氏(現・会長)がラーメン屋台からスタートさせた、あの独特の「こってり」したラーメンでお馴染みの天下一品が今年で50周年を迎えた。今年は特に周年ということもあって大盤振る舞いだ。

 11月10日にはなんと、ラーメン1品(定食セット含む)を注文した客にはラーメン(並)の無料券を配るというキャンペーンを行い、予定していた数の無料券がなくなった場合は、ラーメン(並)が半額になるとあって、多くの天一ファンが店にかけつけた。さらに天一では10月1日を「天一の日」として毎年、様々なキャンペーンを行っているが、今年も10月1日〜11月9日まで「天下一品祭り」を行ったばかり。祭りではスピードくじキャンペーンが実施され、くじに当たるとレンゲ柄のがまぐちやかわいいラーメンのイラストが施されたパスケースがもらえ、外れた場合でも参加者全員に50円割引クーポンが配られたのだからこちらも太っ腹だ。

 そんな天一では、食事のキャンペーンばかりでなく、コラボ・グッズでもかなり攻めている。11月6日からしまむちらグループのカジュアルファッション・ブランドの「アベイル」とコラボして天一トレーナーを売り出したかと思えば、今度は11月10日にはフランスのスポーツウェア・シューズメーカーの「ルコックスポルティフ」と組んでスニーカーを売り出したのだ。

「ルコックとはフランス語で鶏のこと。だから鶏ガラとの鶏つながりで実現したコラボなわけですが、スニーカー横には『天下一品』の文字。それで1万4300円もするのですから、正直、誰が買うのだろうと思っていたら、発売日に即完売でした」(週刊誌記者)

 天一のHPでも、同社オンラインショップでも「早々に完売」との「お知らせ」が。確かにデザイン面では濃淡2色のベージュを基調とした色の配色は「あっさり」と「こってり」のスープのよう。シューレースは黄色で麺の色が表され、ネギの緑もアクセントとして使われていて、全体が天一のラーメンのよう。かかとの本来ルコックマークが施されている部分には、骨ばった鶏ガラの姿が。確かにシャレが効いていてかわいい。ネットでは11月10日の発売日段階で、既に2万5000円前後の高値で取引されていた。

 さらに天一にはグッズ通販サイトがあって、天一のCMキャラクターであるギタリストのSUGIZOとコラボしたTシャツや、その別バージョンで木村勉・会長がフィーチャーされたTシャツや、コラボグッズなどが販売されている。

 コロナもひと段落して、外食に再び光が戻りつつある。50年の節目を迎えた天一は今後どう出るか。

(猫間滋)

関連リンク

  • 11/11 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます