石井琢朗、「ヤクルト」「巨人」元コーチが予想した両者のCS激突“勝者”とは?

拡大画像を見る

 11月10日からスタートしたクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージ。パ・リーグは、リーグ2位のロッテが3位の楽天を下し、リーグ優勝のオリックスと対戦。セ・リーグは、リーグ3位の巨人が2位の阪神を2連勝で圧倒、リーグ優勝のヤクルトと対戦中だ。

 主に横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)で活躍した元プロ野球選手の高木豊氏が、自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉(11月9日付け投稿回)にゲストを招き、セ・リーグで日本シリーズにコマを進めるチーム予想をしたところ、そのゲストについて、〈このタイミングで呼べるなんて凄い!〉といった視聴者のコメントが相次いだ。

 その人物とは、元プロ野球選手であり、ヤクルトと巨人でコーチ歴のある、石井琢朗氏だった。

 石井氏は、2018年シーズンよりヤクルトの一軍打撃コーチを務めると、20年シーズンからは巨人の一軍野手総合コーチに就任。両チームをコーチとして知る人物である。さらに、加えて、21年のシーズン中に巨人の三軍野手コーチに配置転換されると、去る11月2日に石井氏自身の申し入れで、巨人退団が発表されたばかり。

〈これ以上ないくらい最適なゲスト呼べる豊さんすげぇ〉〈琢郎さんの英断に感謝 豊さんの交渉力にも感謝〉〈このタイミングで呼べるのは豊さんしかいない。凄いな〉と、高木氏にも感謝の視聴者のコメントが相次いだのだった。

 ちなみに、石井氏の「CS予想」は、慎重な言い方であったが、阪神に2連勝した巨人に分があり、勢いがあると予想。最後は高木氏に促される形で期待をこめて巨人としていた。シーズン後半の失速した戦い方とは違ってきており、「4番・岡本和真」の不在で、むしろチームが一丸となっていることを指摘していた。

 石井氏の言葉を念頭に置きつつ、「CS」勝負の行方を楽しんでみたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/11 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます