遠藤憲一「ドクターX」本当に退場なのか ネット心配「ラジハと二刀流が」 公式に不穏記述

拡大画像を見る

 女優・米倉涼子主演のテレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」で、前回4日放送の第4話で、遠藤憲一が演じる外科部長・海老名敬が左遷され、ネット上では「海老名先生もう出てこないの?」と心配する声が相次いでいる。

 大ヒットシリーズの主要キャラだが、11日の第5話の予告編でも見当たらず、ドラマの公式インスタグラムには「#海老名先生を忘れない」との不穏な記述も。

 「御意三兄弟」と呼ばれたシリーズ序盤から、蛭間重勝分院長(西田敏行)に酷使される、顔は怖いが小心者な懐刀として人気キャラに。第4話では、おなじみの蛭間のパワハラで蜂須賀隆太郎内科部長(野村萬斎)に辞表をかけた勝負を挑まされ…大門(米倉)の活躍で勝利するも、蛭間と蜂須賀が結託してしまい、海老名は地方分院に左遷されてしまった。

 基本、「ドクターX」のキャラは蛭間を筆頭に、左遷・降格・逮捕にもめげずに復活するが、今回は外科メンバーに見送られて、手を振って去って行った。

 ネット上では「転勤多くて大変だな」とおもしろがる投稿もあるが、「マジで遠藤憲一退場すんのか」「退場が辛すぎる」「海老名先生もうでないのかな」「海老名先生いなくなっちゃうのかなしい」と案じる声も。

 遠藤は現在、フジテレビ月9「ラジエーションハウス2」で部下に慕われる技師長を演じているほか、年末年始の大型ドラマ出演も相次いで発表されており、「突然秋田に左遷され番組を去ることになった理由はこれか」「ドリフターズのいかりやさんのドラマで忙しかったからか!」「海老名先生ラジハとの二刀流が忙しすぎたんかな」と推察する投稿もあり、「また帰ってきて」と願うコメントが相次いでいる。

関連リンク

  • 11/11 16:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます