【福島記念展望】秋の福島の名物重賞、前走凡走馬が巻き返す傾向にある

拡大画像を見る

 秋の福島開催の目玉となるハンデ重賞。以前は走破時計が2分以上掛かることが多かったレースだが、近年は傷みにくい芝が導入されたことでスピードが出るようになり、2分を切る速い決着になることもしばしばある。

1.前走凡走馬が巻き返す

 昨年の勝ち馬バイオスパークは京都大賞典9着から、一昨年の勝ち馬クレッシェンドラヴはオールカマー5着から、18年の勝ち馬スティッフェリオはオープン特別4着から、17年の勝ち馬ウインブライトも毎日王冠10着からの巻き返しだった。新潟開催だった11年を除く過去9年中、8年で前走馬券圏外の馬が勝利している。

2.逃げ先行馬有利

 新潟開催だった11年を除く過去9年で、4角3番手以内だった馬は[8-4-2-22]で複勝率は38.9%。特に近年は差し追い込み馬より、逃げ先行馬、あるいは4角までに位置を上げていける馬が幅を利かせている。

3.休み明けは苦戦気味

 新潟開催だった11年を除く過去9年で、中9週以上での出走となった馬は[0-4-2-43]で複勝率12.2%と苦戦気味。対して、中2週の馬は4勝で複勝率22.2%、中3週の馬は1勝で複勝率18.5%、中4〜8週の馬は4勝で複勝率28.9%。

 ココロノトウダイは前走のオクトーバーSで9着に終わったが、久々に加え、初の斤量57kgも響いたか。今回は過去に4戦4連対の福島コース替わり。叩いた上積みもありそうで、巻き返しを期待したい。

関連リンク

  • 11/11 12:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます