動画配信サービスはアニメ、韓ドラが不動の人気。“おうち時間の充実”の先とは

拡大画像を見る

 コロナ禍によるライフスタイルの変化やおうち時間の増加によって、日々の暮らしをどう充実させるかに注目が集まっている。

 巣篭もり需要が生まれ、生活者のニーズが多様化するなか、急激に関心が高まったと言えるのが動画配信サービスだ。

 YouTubeやAbemaTVといった無料コンテンツが充実しているものもあれば、Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、DAZNなど、月額サブスクリプションで楽しめる動画配信サービスもあり、それぞれの趣味嗜好によって使い分けていることだろう。

 そんななか、数ある動画配信サービスの中でも見放題の作品数が22万本以上を誇るのが「U-NEXT」だ。2007年にローンチして以来、国内の動画配信サービスを牽引する日本最大級のサービスとして不動の地位を築いている。

 今回は、株式会社U-NEXT COOの本多利彦さんに、動画コンテンツにおけるトレンドの変遷や将来像について話を聞いた。

◆スマホの登場と権利関係がクリアになったのが転機に

 U-NEXTはVOD(Video On Demand)市場の黎明期にサービスを始めており、いわば日本における同市場のパイオニア的存在として市場を切り開いてきた。

 本多さんは当時の状況を次のように振り返る。

「家庭用のテレビに接続して映像を視聴するセットトップボックスが主流だった頃は、ハリウッド映画やアニメ、テレビドラマが主なコンテンツでした。今と比べて映像作品の権利が非常に厳しく、自由度が制限されていたのもあり、サービスを利用する多くはデジタルに強い人が中心だったんです。また、レンタルビデオ店が全盛の時代だったので、動画コンテンツを観るならビデオやDVDを借りるというのが一般的だったわけですね」

 こうしたなか、「VOD市場を変えるような転機が2度訪れた」と本多さんは続ける。

「2010年以降、これまで3G回線のフィーチャーフォン(ガラケー)で動画のショートコンテンツを見るのが主流だったのが、スマートフォン(スマホ)の登場によって、『携帯で動画を視聴する』というライフスタイルが形成されていったことが1度目の転機だと考えています。

 ここから、テレビでもPCでもスマホでも動画を楽しめる“マルチデバイス時代”が始まり、動画配信サービスが徐々に注目されるようになってきたんですね。さらに、同時期にYouTubeが普及してきたのも、動画コンテンツがライフスタイルに根付いていった大きな要因です」

 また、デジタル配信周りの権利が整備されてきたことも、動画コンテンツの充実につながり、VOD市場の形成に追い風になったという。

「3大動画コンテンツと呼ばれる映画、アニメ、韓流ドラマに関して、当時は使用されている音楽やタレント声優など、権利関係の問題でバリエーションを豊富に揃えることができませんでしたが、デジタル配信が認知され、権利整備が急速に進んだことで各社も差別化しやすくなった。海外ドラマをアグレッシブに集めた『Hulu』やフジテレビ公式の動画配信サービス『FOD』といったプレイヤーも市場の活性化に寄与したと考えています」

 そして2度目のターニングポイントは、米動画配信大手のNetflixが2015年に日本上陸を果たしたときだったという。

◆「〇〇オリジナル」の流れを作ったNetflix

 今の動画配信サービスの盛り上がりや潮流を作ったのは「Netflixならではのオリジナルコンテンツがきっかけになっている」と本多さんは話す。

「この映像作品は誰が作ったのか。クリエイターやキャストはどのような布陣が起用されているのか。など、動画コンテンツを一から作る、あるいは独占配信権を取得して冠をつける『〇〇オリジナル』が、動画配信サービス事業者の差別化コンテンツになっていきました。

 オリジナルエピソードやストーリーを提供する際は『どこの配給会社や制作会社とパートナーシップを組み、ユーザーの心に響く作品をどう創り上げるか』というのが意識されるようになったわけです。U-NEXTの場合、このようなパートナーシップの連携やオリジナル作品の供給のみならず、『視聴者が何を見たいか』を常に心がけながら、動画コンテンツを提供しています」

 2020年の夏に公開した新時代のスパイアクション『アレックス・ライダー』は、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)とパートナーを組み、U-NEXT独占配信の動画コンテンツとして提供した。しかも、4Kでの高画質配信を実施している。

 また、90年代の米国ゲーム業界におけるセガと任天堂の覇権争いをドキュメンタリー化した映画『セガvs.任天堂/Console Wars』も、ハリウッドの老舗スタジオ「Legendary」(代表作:『ダークナイト』『ゴジラvsコング』など)と組みながら、日本初公開かつ独占配信を行い、好評を博したそうだ。

 ユーザーの視聴ニーズを汲み、U-NEXTらしさを目指してきたことで、業界最大級のサービスに成長したのだろう。

◆動画コンテンツは「アニメ」と「韓流ドラマ」が不動の人気

 現在、動画配信サービスは群雄割拠と呼べる状況で、各サービスの特色や強みを打ち出しているわけだが、さまざまな動画コンテンツの中でズバリ人気の高いジャンルは何なのか。

 本多さんはアニメと韓流ドラマを挙げ、このように説明する。

「言わずもがな、不動の人気なのがアニメです。クラシックから話題のタイトルまで良質なコンテンツが粒ぞろいになっていて、またオンデマンドの視聴体験とアニメファンとの親和性が高いので、常に人気の高さをうかがわせるジャンルになっていますね。そして、韓流ドラマも女性を中心に絶大な人気を誇っています。

 何より、いつでも、どこでも見られるVODの特徴が女性のライフスタイルとマッチしていて、何度も繰り返し視聴される傾向があるんです。U-NEXTのユーザー動向として、これら2つのジャンルは平日や休日問わず、動画の視聴者数に変化がなく、常に観られているのも大きな特徴となっています」

 数ある動画コンテンツの中から、自分の推しの作品を見つけるためのコツについて本多さんに伺うと「まずは独占作品を見るのがオススメ」だと語る。

「オリジナル作品は、サービス各社が力を入れている動画コンテンツなので、見応えがあって楽しめると思います。U-NEXTでは独占コンテンツを『ONLY ON U-NEXT』と打ち出していて、映画や韓流のオリジナル作品のほか、今年3月には米国大手のテレビネットワークを有する米ワーナーメディアとパートナーシップ契約を締結し、HBO、HBO Maxの新作はもちろん、歴代人気タイトルについても独占、かつ見放題で配信しています。

 加えて、4Kやハイスペックオーディオに対応している動画コンテンツかどうかもチェックするといいでしょう。高画質や高音質に対応していれば、より臨場感溢れる視聴体験を味わえ、作品に没入できるので、おうち時間の充実につながると思います」

◆動画配信サービスの複数使いが当たり前に……?

 最近では、AmazonのFire TV StickやApple TV、Android TVなどのスマートテレビ需要も高まっている。

 昨年から続くコロナ禍で、ユーザーの動画視聴体験はどのように変化しているのか。

「コロナ禍をきっかけに動画配信サービスに加入するユーザーが増えた」と語る本多さんは、視聴体験の変化についてこう述べる。

「日本は今までレンタル市場が強かったことで、デジタル化が遅れていました。それが、コロナ禍でテレワークが常態化し、在宅で過ごす時間が長くなったことで、新しく動画配信サービスで動画コンテンツを観るユーザーが非連続的に増えました。スマートテレビもそうですが、動画を視聴するインフラの整備がされてきたことで、オンデマンド視聴体験が多様化していると感じており、『U-NEXTとNetflixの両方に加入する』といったようなサービスの複数使いが当たり前になってきていると思います」

◆今後の動画市場は“マルチコンテンツ化”が鍵になる

 海外では特定のコンテンツに強みを持つ動画配信サービスを、マルチに使い分けるのが日本よりも顕著になっているそうだ。

 これからもさらにVOD市場は活況を帯びてくるのは想像に難くないだろう。

 最後に今後の展望について本多さんに伺った。

「コロナ禍でライブ配信コンテンツの需要も高まっています。U-NEXTでは音楽ライブやフェス、お笑いのほか宝塚歌劇までカバーしていますが、今後は格闘技などのスポーツ領域も拡充していきたいと考えています。また、単に動画配信サービスという立ち位置ではなく、“メディア”のような役割を見出していこうと思っていて、ニュース性の高いドキュメンタリー映画やジャーナリズムの視点に立った動画コンテンツなど、U-NEXTからニュースを発信できるようなサービスにしていきたいですね」

 さらにマルチコンテンツ化する潮流に合わせ、サービスを進化させていくと本多さんは意気込む。

「これから鍵になるのは『映像+α』の付加価値。要はひとつの動画コンテンツから派生するEコマースや電子書籍、ゲーム化など横展開できるコンテンツパワーがあるかどうかが大事になってくるでしょう。U-NEXTは『見る、読む、聞く』を同アプリ内でいかにシームレスに連携できるかを目指し、ユーザーの意見に寄り添いながらU-NEXTらしさを追求していきたいと思います」

<取材・文・撮影/古田島大介>

【古田島大介】
1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている

関連リンク

  • 11/11 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます