【難読】なんて読む? 「気忙しい」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「気忙しい」の読み方です。

“きいそがしい”じゃないの? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「気忙しい」の読み方は?

「気」は“き”、“け”、「忙しい」は“いそがしい”と読みますよね。それぞれの漢字は簡単で、よく使っている馴染みがあるものだと思います。

しかし、二つを合わせてそのまま“きいそがしい”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“きぜわしい”と読みます。

■「気忙しい」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「気忙しい」の意味は以下のように解説されています。

き‐ぜわし・い〔‐ぜはしい〕【気▽忙しい】

[形][文]きぜは・し[シク]

1 あれこれと気持ちがせかれて、落ち着いていられない。きぜわしない。「―・い年の瀬」「―・く荷物をまとめる」

2 落ち着きがなく、せっかちである。きぜわしない。「相変わらず―・い男だ」

気持ちが追われ、慌てているために落ち着かない、といった意味合いで使う言葉になります。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「気忙しい」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「気忙しい」は読めそうなのに、意外とすんなり読めない言葉だったのではないでしょうか。

まさに、これから年末に向けて「気忙しい」時期になっていきますね。きっと耳にする言葉なので、漢字と意味を頭に入れておきましょう!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 11/11 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます