iSPY[ライブレポート&インタビュー]元かみやど・萩田ここ&三葉みゆが涙した感動のデビュー「このライブで見せたすべてが私たちが選んだ決断だと思っています」

新アイドルグループ『iSPY(アイスパイ)』が、11月10日(水)にduo MUSIC EXCHANGE(東京・渋谷)にて<iSPYお披露目デビューライブ>を開催した。本記事では、関係者含め、延べ250人が来場した同公演の模様に加え、ライブ直前のメンバーがデビューの心境などを語ったインタビューをお届けする。

iSPYは、2021年6月にグループとしての活動を終了した『かみやど』に所属していた萩田こころと三葉みゆを中心に、オーディションを経て結成されたアイドルグループ。メンバーは、萩田こころ、三葉みゆ、楠城ひめか、瀬乃かな、夏川みずき、宮田くるみの6名。

この日は、オーディションにて1,174人の中から選ばれた4名を含め、6人組グループとして初めてステージに立った。

ライブでは冒頭、萩田と三葉の新しいグループを作りたいとの想いから始まったオーディションの様子と、オーディションを勝ち抜いた4人を紹介する映像が流れた後、6人が登場。“初めまして、iSPYです。一緒に楽しんでいきましょう!”と呼びかけ、1曲目の「STAGE!!」からライブをスタートさせた。

「STAGE!!」が終わると、自己紹介タイムへ。

大阪出身の楠城ひめかは、“楠城ひめかやで”と大阪弁で挨拶。“精いっぱい頑張るので、よろしくお願いします”と声を弾ませた。

瀬乃かなは、“極真空手が得意だよね”と声を掛けられ、“女子の部で1位”、“男子の部で2位”になったことを明かし、夏川みずきは“アイドル活動は初めてで、緊張してますが、これから頑張ります”と目を輝かせる。

また、宮田くるみが、“くるみん、と呼んでください!”と笑顔を弾けさせると、規定で声を出せないファンたちであったが宮田は“聞こえたよ!”とにっこりと笑顔を見せた。

萩田は、“こうして、この5人と一緒にステージに立って、この景色を観ることができていることが本当に嬉しいです”と想いを言葉にし、三葉は、“ここ(萩田)と新しい仲間と一緒にこのステージに立つことができて、本当に嬉しいです”と心境を語った。

自己紹介が終わると、2曲目の「恋コガレ」、3曲目の「ラストゲーム」を連続でパフォーマンス。

続くMCでは、デビューに向けて行った2泊3日の合宿の想い出を語る。また、この日、披露する5曲はいずれも、三葉が作詞を担当。三葉が作詞の苦労エピソードを振り返る一幕も。

4曲目の「さよなら流星群」を披露した後、ラストの曲となる「天色にI love you」ではメンバーとファンたちがタオルを振り、会場が一体となって盛り上がった。

パフォーマンスが終えると、メンバーがデビューライブの感想を語る。

瀬乃は、“ずっとアイドルになりたいという夢がありました。このiSPYのメンバーとしてステージに立つことができてとても嬉しく思います”と笑顔。楠城は、“これからもっと、もっと、家族にも、友達にも、ファンの方々にも、成長した姿を見せていけるように、両親にも感謝して頑張ります”と声を弾ませた。

この日が、芸能界デビューとなった夏川みずきは、“一生に一度のデビューライブという日をたくさんの方に観ていただけて、とても嬉しいです。これからのライブがもっと楽しみになりました”と初々しく語り、宮田くるみは、“配信審査の中で、つらいこととかもたくさんありました。でも、今このように、iSPYの始まりを観るために駆けつけてくれたみなさんがいることが、本当に嬉しいです”と微笑んだ。

三葉は、“2人でアイドルグループを結成すると決めた時は、「この2人で大丈夫かな?」と思った人もいると思いますが、このお披露目ライブで見せたiSPYのすべてが私たちが選んだ決断だと思っています”と、涙で声を詰まらせながらも凛々しい表情を見せ、萩田は、“こうして、みゆと新しいメンバーと一緒にステージに立てたことを本当に嬉しく思います。ファンのみなさまがいたおかげです”とコメントしつつも感極まり涙。三葉からの“大丈夫か!”との声に励まされ、“これからもよろしくお願いします”と深く頭を下げた。

また、11月14日(日)にバトゥール東京でにて初の対バンに出演することや11月16日(火)にSHIBUYA THE GAMEで開催するライブを皮切りにデビューを記念した3DAYSの単独公演を開催することを解禁。

“この6人で全力で頑張って行きますので、よろしくお願いします!”と意気込みを語り、記念すべきデビューライブは幕を閉じた。

iSPYお披露目デビューライブ

2021年11月10日(水)
duo MUSIC EXCHANGE(東京・渋谷)

M1:STAGE!!
M2:恋コガレ
M3:ラストゲーム
M4:さよなら流星群
M5:天色にI love you

――自己紹介と今の心境をお願いします。

楠城ひめか:
ピンク色担当で16歳です。ライブの会場に来てから、やっとデビューするという実感が湧いてきました。すごく緊張していますが、両親への感謝の気持ちがより膨らみました。人前に立ってパフォーマンスをするのは今日が初めてなのですが、どんな風景が見えるか、想像もつきません。

瀬乃かな:
水色担当で20歳です。リハーサルが終わって少し緊張がほぐれたのですが、時間が経つにつれて、緊張と楽しみが高まっています。極真空手をやっていたのですが、小学校の頃、神奈川県大会で、2年連続“男子の部”で2位でした。“女子の部”で1位になったので、“男子の部”にも出場しました。瓦は割ったことがないのですが、板なら回し蹴りしていました。機会があれば、披露したいです。

萩田こころ:
白色担当で20歳です。私とみゆで新しいグループを作ることになりました。今まではオーディションを受けていた側だったのですが、審査員として4人を選びました。先ほど、リハーサルをしたのですが、みんながステージに上がって行く姿を後ろから見て、感動しました。緊張もあるのですが、わくわくの方が大きいです。ワンマンライブは何回もできるのですが、デビューライブは1度きりなので、メンバー全員が楽しめて、お客さんも楽しめるステージにしたいです。デビューライブは、一生忘れないと思います。

三葉みゆ:
紫色担当で、23歳です。こころと一緒にまたステージに立てていることが嬉しいです。今日は、ゴールではなくて、スタートなので、今日は楽しむことだけ考えて臨みたいです。

夏川みずき:
黄色担当で、18歳です。小さい頃からずっとアイドルに憧れていたのですが、やっとアイドルになれて、このようにデビューライブを迎えることができ、緊張もしてるのですが、性格がポジティブなので、アイドルとしてステージに立てることが楽しみです。

宮田くるみ:
緑色担当で、17歳です。昨日の夜からずっと緊張しているのですが、リハーサルを終えて、わくわくしてきました。オーディションの配信審査では、ファンの方とおしゃべりをしたり、激辛焼きそばを食べたりして、1位をいただきました。

――iSPYは、特徴的な名前ですね。

萩田こころ:
iSPYという名前は私が提案したのですが、iSPYには“英語で見つけた!”という意味があります。“i”は、応援してくださるみなさんの心を表しているのですが、気づいたらいつの間にか心を盗まれているようなグループにしたいなと思って、考えました。衣装も、オーディションをやっているときに、三葉みゆと2人で、デザイナーさんと相談しながら決めました。

――三葉さんは、デビューライブで披露する5曲の作詞も担当されていますね。

三葉みゆ:
王道の可愛いアイドルを目指していて、衣装も可愛いものを用意し、キャッチーな曲をやっていきたいのですが、その中での、例えば「ラストゲーム」という曲はカッコいい曲になっています。歌でもダンスでも、曲ごとに振り幅を見せていきたいなと思います。1曲目の「STAGE!!」は、明るくてキャッチーな楽曲なのですが、ステージに立っているアイドルの気持ちを歌った曲です。私自身が“こういうアイドルになりたい”と思って書いた曲ですし、私が思い描いていたiSPYを表したような曲になっているので、代表曲になったらいいなと思います。

――ダンスを含めた表現としては、どんなパフォーマンスになりますか?

萩田こころ:
「iSPY」には切ない曲、カッコいい曲、可愛い曲などがあるので、それぞれで違うメンバーの表情を見せられるようなパフォーマンスを見せたいと思います。

――個人のアイドルとしての目標や夢を教えてください。

宮田くるみ:
歌って踊ることが好きなので、スキルアップをしながら、ステージを頑張りたいと思います。曲ごとに表情を意識しているので、魅せるパフォーマンスを心掛けています。

夏川みずき:
トロッコにも乗ってみたいし、イヤモニ(インイヤーモニター)もつけてみたいです。日本武道館で、2階まで届くような巨大なトロッコに乗りたいです。また、大阪の登美丘高校さんが有名だと思いますが、私も中学と高校はダンス部で、中学生のときに全国3位をいただきました。今までアイドルっぽい可愛いダンスはしたことがないのですが、アイドルらしい可愛い振り付けもやってみたいです。

三葉みゆ:
3年間、社会人として働いてからアイドルになったのですが、このiSPYで、アイドルを卒業する時に“やりきった”と思えるような活動をしたいです。

萩田こころ:
目標にしてるのは、日本武道館です。私がアイドルになりたいと決心したのは、日本武道館で、モーニング娘。さんの鞘師里保さんの卒業公演を観た時です。初めて観たアイドルライブだったのですが、“私のアイドルになりたい”という夢が始まった場所なので、いつか自分も大きなステージに立ちたいです。

瀬乃かな:
<TOKYO IDOL FESTIVAL>に出てみたいです。iSPYのMVもいっぱい作りたいです。

楠城ひめか:
もともと女優を目指していて、アイドルのことを知らなかったのですが、応募フォームにあった(三葉)みゆちゃんと(萩田)ここ(ろ)ちゃんが可愛くて、本当に惹かれたんです。私自身もまだビックリしているのですが、親も友達も応援してくれているので、iSPYのみんなと一緒に大きなステージに立てるように頑張っていきたいです。

――グループの目標をお願いします。

萩田こころ:
それぞれの強みをどんどん生かして、それぞれがアイドルにプラスして輝けるものを見つけてほしいと思っています。メンバーが色んな所で活躍できるような環境作りができるグループにしたいなと思っています。

三葉みゆ:
メンバーの出身が静岡、岩手、大阪、神奈川、東京、千葉とバラバラなので、それぞれの場所で凱旋ライブをしたいです。コロナ禍でなかなかライブができなかったのですが、これからはできるようになってくると思うので、声が出せるライブもしたいです。全国ツアーをしたいです。

――萩田さんはオーストラリア育ちですが、オーストラリア公演は?

萩田こころ:
したいです!

iSPYメンバー

■萩田こころ(Hagita Kokoro)
誕生日:2001年2月13日(20歳)
出身:静岡県
血液型:O型
オーストラリア育ちの帰国子女

■三葉みゆ(Mitsuha Miyu)
誕生日:1997年12月20日(23歳)
出身:岩手県
血液型:O型
エンジンも組める理系女子

■楠城ひめか(Nanjo Himeka)
誕生日:2005年7月15日(16歳/高校1年生)
出身:大阪府
血液型:O型
大阪出身おしゃべり元気な最年少

■瀬乃かな(Seno Kana)
誕生日:2001年10月23日(20歳/大学2年生)
出身:神奈川県
血液型:O型
空手男子2位?!な圧倒的不思議系

■夏川みずき(Natsukawa Mizuki/大学1年生)
誕生日:2003年1月30日(18歳)
出身:東京都
血液型:A型
身長146センチのアイドル大好きポジティブイエロー

■宮田くるみ(Miyata Kurumi)
誕生日:2003年12月8日(17歳/高校3年生)
出身:千葉県
血液型:A型
オーディション配信審査ぶっちぎりトップの逸材

関連リンク

iSPY公式サイト

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 15:45
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます