ナポリFWメルテンスが自身の去就に言及「絶対はないけど、ここで幸せ」

拡大画像を見る

 ナポリのベルギー代表FWドリース・メルテンスが自身の去就についてコメントした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在34歳のメルテンスとナポリの現行契約は今シーズン末で満了を迎える。また、負傷により出遅れた今シーズンは、先発2試合を含む8試合に出場している。

 去就に注目が集まるメルテンスは今回、自身の将来について言及。「将来ベルギーに戻るかって? この世界に“絶対”はないが僕はそうは思っていない。今ナポリで幸せだからね」とベルギー復帰を否定した。

 また、代表で肩を並べるレアル・マドリードのエデン・アザールについてもコメント。ナポリでタッグも組んだカルロ・アンチェロッティ監督への冗談も含みつつ、クラブでは負傷もあり出場機会を減らしているアザールの現状に触れた。

「フェアじゃないね。アンチェロッティを呼び出すよ(笑) 冗談は置いといてエデンは精神的にも強い選手だ。残念ながら彼には強力なチームメイトがいるけれど、偉大な選手というのは最後には収まるところに収まっているもの。彼が戻ってきて素晴らしいプレーを見せると確信しているよ」

関連リンク

  • 11/11 15:26
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます