堀江貴文氏、瀬戸内寂聴さんを悼む 過去に対談「さまざまな良い影響も与えられた」

拡大画像を見る

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が11日、ツイッターを更新。この日訃報が発表された作家で尼僧の瀬戸内寂聴さんの死を悼んだ。

 堀江氏はツイッターに「瀬戸内寂聴さん、ありがとうございました」とつぶやきYouTube動画をアップ。「先ほどすごく残念なニュースが飛び込んできた」と切り出した。

 堀江氏は10年以上前に寂庵で何度か対談をしたことがあったといい、「ダブルスコアで50歳以上年上と聞いてびっくりして」の年齢差に驚いたことや、対談後にドンペリが出てきて「さあ、飲もうか」とシャンパンをたしなんでいた姿などを振り返った。

 「100歳の誕生日のお祝いしようかなと思っていた矢先の残念な出来事」などと残念がり「過去には色々あったかもしれないが、様々な良い影響も与えられた。どちらかというとそちらの方の功績の方が大きかったと思う。天国で安らかにお眠り下さい。お疲れさまでした」と結んだ。

関連リンク

  • 11/11 15:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます