倉悠貴×見上愛『衝動』静かに過激な予告編解禁、不穏な行く末を予感させる

拡大画像を見る

倉悠貴と見上愛がW主演する映画『衝動』が12月10日(金)より全国順次公開される。公開に先駆け、2人の不穏な行く末を予感させる予告編が解禁となった。



本作は、東京で違法薬物の運び屋として働く少年・ハチ(倉悠貴)と、あるトラウマから声を出せなくなった少女・アイ(見上愛)が、出会い、ぶつかりながら、かけがえのない存在になっていく物語。2020年の東京・渋谷を舞台に、孤独な少年少女が⽣きる衝動に駆られていく姿を描く、過激な⻘春サスペンス映画となっている。




今回解禁された予告編は、渋谷のスクランブル交差点でそれぞれ別の方向へ向かって歩くハチとアイの映像から始まる。やがて街の明かりが灯り、夜の渋谷へ。ハチやアイ、村上淳演じるサワダや他のキャラクター達の映像がテンポ良く映り出される。台詞は無く、音楽で緊張感のある世界観を盛り上げている。


予告編の後半では血まみれになっているハチの姿も捉えており、ハチとアイの不穏な行く末を予感させるものになっている。ラストには、ポスタービジュアルのコピーにもなっている「クソみたいな人⽣の、そのおまけ。」という言葉がハチの口から語られている。


本作の2人の主人公を演じるのは若手の新星・倉悠貴と見上愛。倉悠貴は池田エライザ初監督映画『夏、至るころ』にて主演での映画デビューを果たし、2021年は『樹海村』『まともじゃないのは君も一緒』『街の上で』『うみべの女の子』といった話題作へ立て続けに出演。見上愛は2019年のデビュー以降、ドラマ・映画・MV・CMと多方面での活躍をみせる注目の女優。2021年は『きれいのくに』『ガールガンレディ』『キャラクター』『プリテンダーズ』などに出演している。監督・脚本を務めるのは、ドラマや映画の演出部スタッフとして活動している土井笑生。本作が商業デビューとなる。次世代を担う俳優と新人監督が挑んだ、2020年の東京を過激に描く青春サスペンス映画が誕生した。




■映画『衝動』
12月10日(金)池袋HUMAXシネマズほか全国順次公開
【出演】:倉悠貴、見上愛、見津賢、錫木うり、工藤孝生、池田朱那、川郷司駿平、山本月乃、佐久間祥朗、三村和敬、村上淳
配給:SAIGATE
©映画「衝動」製作委員会

関連リンク

  • 11/11 15:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます