“世界で一番美しい少年”の知られざる人生と今 『ベニスに死す』“美少年タジオ”を追ったドキュメンタリー予告解禁

 巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督作『ベニスに死す』(1971)で美少年タジオを演じたビョルン・アンドレセンの衝撃の真実を描くドキュメンタリー映画『世界で一番美しい少年』より、日本版予告編が解禁された。

 本作は、名作『ベニスに死す』の裏側と、“世界で一番美しい少年”と呼ばれその後の人生を運命づけられてしまったひとりの人間の栄光と破滅、そして心の再生への道のりを映しだしたドキュメンタリー。

 ヴィスコンティに見出され、当時15歳で映画『ベニスに死す』のタジオ役に抜てきされ、“世界で一番美しい少年”として一大センセーションを巻き起こしたビョルン・アンドレセン。観る者の目を釘付けにする圧倒的な存在感で同作を強く牽引したアンドレセンは、日本でもCM出演などの芸能活動を行い、日本のカルチャーに大きな影響を及ぼした。それから約50年後、アリ・アスター監督作『ミッドサマー』(2019)で老人ダン役として観客の前に再び現れ、大きな話題となる。

 日本版予告編は、ヴィスコンティが“世界一の美少年タジオ”を探すために行った大規模オーディションのひとコマからスタート。集められた多くの少年の中からアンドレセンの姿を見つけたヴィスコンティは、「君は何歳?」と彼に歩み寄り「とても美しい」と言葉をかける。アンドレセンの運命を変えた瞬間をカメラは捉えていた。

 続いて、『ベニスに死す』がカンヌ国際映画祭で上映された際の華やかな狂騒から、アンドレセン来日時のファン達の熱烈な歓迎や日本で行った芸能活動の様子など、当時の熱狂ぶりが伝わるアーカイブ映像が映し出されていく。また本作では、アンドレセン家が残してきたホームビデオや音源なども多く使用されており、同作出演前に記録された、行動的で音楽好きといった普通の少年の一面も収めている。さらに『ミッドサマー』撮影時のメイキング映像も。

 そしてあの熱狂から約50年後、彼は“あの頃”に訪れた都市を再び巡ることに。「鬱とアルコールに溺れていった」。彼が自身の記憶をたどる姿が、ノスタルジックな映像美とともに映し出されていく。漫画家の池田理代子氏から「(当時)大変な衝撃を受けました。この世の中に、こんな美しい人がいる」と言われたビョルン・アンドレセンというひとりの人間の、ドラマティックで過酷な道程が伝わってくる映像となっている。

 本作を5年の歳月をかけて製作した監督のクリスティーナ・リンドストロムとクリスティアン・ペトリは、連名で「私たちは単純な返事よりも興味深い問いかけを信じ、これは簡単な物語ではないことも理解しつつ、魅惑的なものとなっていることを心から願っています。そして、多くの層が重なった物語を伝えることで、ビョルン自身の複雑で深みのある人間性がさらに前に向かっていくことを信じているのです」と製作意図についてコメント。

 さらに「私たちは、この映画があの少年が他人によって作られたイメージ、アイコン、ファンタジーとなり、青年期の人生を奪われた物語に耳を傾ける機会を観る者に伝えることが出来ればと願っています。2021年は『ベニスに死す』のワールド・プレミアで、ルキノ・ヴィスコンティがビョルン・アンドレセンを『世界で一番美しい少年』と高らかに宣言してから50年となる年です。その年に、あの少年が真の姿で帰ってきたのです」とも語っている。

 映画『世界で一番美しい少年』は12月17日より全国順次公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます