これがガンという病気なんだ… 久しぶりに会った叔母の姿にショック【鼻腔ガンになった話 Vol.63】

※この記事は筆者の体験談です。今から20年ほど前の出来事で、ガン治療やホスピスについての一般的な考え方・対応は現在とは異なります。■前回のあらすじ
退院を前に栄養士さんと面談することに。再びガンで悩まないためにも、正しい知識を得たかったからです。そう考えたのは、実は大腸がんで亡くなった叔母の存在があったからで…。

■私の知っているじゅんちゃんが…







叔母のじゅんちゃんは、母の妹です。私は身内を2人、ガンでなくしています。でも最初にガンになったのは、叔母の中で一番若かったじゅんちゃんでした。

何とか仕事の調整をしてお見舞いに行った時には、じゅんちゃんの姿が大きく変わっていて、ものすごくショックでした。でも当人は相変わらず、周りの人に笑顔で「ありがとう」って言って笑っていて、その姿もものすごく印象的でした。

知らず知らずのうちに、自分が入院した時はじゅんちゃんをお手本にしていたのかもしれません。

お見舞いにじゅんちゃんを励ましに来たはずのに、何もできない自分が悲しかったです。


■不調を感じていた叔母、病院へ行くと…







漫画にするにあたりいろいろ細かいことは省きましたが、おおよそこのようなことがありました。

20年ほど前の話になりますので、治療法、それぞれ個人の考え方など今とは大きくかけ離れたところがあると思います。今は陽子線治療なども出てきたり、ホスピスも充実して、当時よりもっとガン治療について前向きに考えられるようになったと感じます。

だからこそ、怖いから病院へ行きたくないと言うのではなく、「怖いからこそ早く病院へ行きましょう!」と伝えたいです。

※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の叔母の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 14:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます