あえて「撮り鉄」と名付けます 鉄道写真ファン向けウェブ交流サービス

拡大画像を見る

「JR東日本スタートアップ」と「ミーチュー」(福島県郡山市)は、鉄道ファン向けのウェブサービス「撮り鉄コミュニティ」を2021年11月10日にスタートした。

コミュニティプラットフォームの「Mechu」内で展開する、「鉄道写真を愛するファン」に向けたものだ。

夢が実現するかも

「Mechu」は、創作活動を行うクリエイターが「コミュニティ」を作成、そこにファンが参加し月額課金などでクリエイターを支援できるウェブサービス。ファンは、コミュニティ内のチャットでクリエイターや他のファンと交流できる。

発表資料によると、「撮り鉄コミュニティ」では鉄道写真ファンがやってみたいことなどをコミュニティ内で共有し、今後のファン向けの「体験」や企画を検討していく。

実現できるかもしれないイベントの一例として、「撮影した鉄道写真がJR東日本の宣伝用公式ポスターに使用される企画」「普段は入れない私有地などを使った撮影イベント」が挙げられている。

コミュニティの名称について、「現在、撮り鉄という言葉を聞くと、一般的にはあまり良くないイメージを持たれてしまうかもしれません。しかし、今回はコミュニティに『撮り鉄』という言葉をつけることとしました」と発表資料内で説明されている。鉄道写真ファンと積極的にコミュニケーションを取り、安全な鉄道撮影場所の提供など、コミュニティ参加ユーザーの要望に応えていくとのことだ。

プランは無料の「フリー」と、月額1100円(税込)の「スターター」の2つ。フリーでは写真の投稿や閲覧ができる。また「スターター」では、企画アイデアの投稿が可能。有料会員にしかできない体験や限定販売も随時追加予定とのこと。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/11 13:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます