瀬戸内寂聴さん「十分に生きた我が一生」99歳誕生日にインスタで死生観つづる

拡大画像を見る

 尼僧で作家の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんが9日、心不全のため死去したことが11日、分かった。99歳。瀬戸内さんはインスタグラムも行っており、生前最後の投稿は8月30日。マスクを頭に乗せたおちゃめな一枚だった。

 訃報が伝えられた11日、瀬戸内さんのインスタグラムには寂庵にある「寂」と書かれた石の写真がアップされ「作家・僧侶の瀬戸内寂聴は、2021年11月9日、永眠いたしました」と訃報がつづられている。

 寂聴さん自身が投稿したのは8月30日が最後。マスクを頭に乗せたおちゃめな一枚で、「私は風邪も引かず、コロナに感染することもなく、元気に過ごしています」と近況を報告。「コロナはいつになればなくなるのでしょう。100年近く生きてきてこんなことは初めてです」とも投稿し「マスクは私は鼻が低いから苦手です」と締めくくっている。

 5月26日の投稿では、99歳の誕生日の様子をアップ。「99歳まで生きて、長すぎた一生だと思います。様々なことを人の何倍もしてきました。全てに今は悔いがありません。十分に生きた我が一生でした。死に様は考えません。自然に任せます」と死生観についてもつづっていた。

関連リンク

  • 11/11 13:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ソフィア

    11/11 17:26

    細木と一緒に地獄で仲良くしてください

  • この人も地獄に落ちるでしょう。この人の説法を有り難がってる人の気がしれない。

  • 50歳までセ○クスしていた淫乱坊主 また、不倫したことを反省するどころか開き直って人に薦めるよう輩でもある。

記事の無断転載を禁じます