スタバ、クリスマス限定のブレンド登場 自社農園のコーヒーとエイジド スマトラ

拡大画像を見る

 スターバックス コーヒー ジャパンは、自社農園「ハシエンダ アルサシア農園」で丁寧に栽培されたコーヒーやスマトラ産コーヒーを熟成させたエイジド スマトラを組み合わせたブレンド「スターバックス リザーブ クリスマス2021」を11月12日から発売する。

 ハシエンダ アルサシア農園は、コスタリカのポアス火山の斜面に広がる、スターバックスがサステナブルなコーヒーの未来のため2013年に購入した世界唯一の自社農園。
 
 スターバックス リザーブ クリスマス2021は、エイジド スマトラの心地よいスパイス感とともに、オレンジマーマレードやはちみつを思わせるような甘みも感じられる、明るい印象のバランスのとれた味わいとなっている。
 価格は250gで3672円(店舗により100gからの量り売り有り)。取り扱い店舗は、スターバックス リザーブ ロースタリー東京、スターバックス リザーブ販売店舗およびスターバックス公式オンラインストア。
 また、ロースタリー東京では、このスターバックス リザーブ クリスマス2021の発売にあわせ、手軽に飲み比べが楽しめるコーヒー豆を2種類(サンプルサイズ)セットにした「ロースタリー ホリデー フライト イントロダクション」を発売する。スターバックス リザーブ クリスマス2021に加え、この時期におすすめのコーヒーを全3種類飲み比べることができる。価格は2200円からで、販売期間は11月12日~12月25日。

関連リンク

  • 11/11 13:37
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます