「商品化したら絶対売れる」「心がときめいた」 手作りキーボードに、大反響!

拡大画像を見る

日頃、仕事などで使うキーボード。

手元のキーの位置を確認しながら入力する人もいれば、まったく見ずに打ち込む『タッチタイピング』をする人もいます。

普段からパソコン作業に慣れていて、タッチタイピングができる人は多いかもしれません。

しかし、イゼ(@Ize628)さんが作ったキーボードを使うと、あえて手元を眺めながら入力したくなることでしょう。

一体、どんなキーボードなのかというと…。

入力するたび、キーボードが光を放っています!冬らしく、雪を連想させるカラーも素敵です。

これなら、楽しさのあまり、手元を見ながら入力したくなりますね。

イゼさんによると、『レジン』と呼ばれる樹脂を、キーにかぶせるキーキャップに合わせて硬化させ、一つひとつ作成。

レジンを使ったキーボードの制作動画をYouTubeで目にし、「自分も作ろう」と思い立ったのが、制作のきっかけだといいます。

YouTubeに投稿されていた方のキーボードが美しく感じ、欲しくなりました。

似たような物が買えないか探したのですが、見つからなかったため、自分で作ることにしました!

参考にしたその方が作っていたのは、夏らしいイメージのデザイン。

ですが、私は「冬らしいものを作りたい」と考え、理想のキーボードは自作でないと手に入らないと実感しました。デザインを除き、その方のやり方をほぼ参考にしています。

イゼさんの手作りキーボードに、「商品化したら絶対売れる!心がときめいた」「イルミネーションみたいできれい」と多くの人から反響が上がりました。

普段触る機会が多いアイテムだからこそ、遊び心を持ちながら楽しく使えたら素敵ですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @Ize628

関連リンク

  • 11/11 12:41
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます