え、そこで?男性が【デート中に思わず興奮】してしまうさりげない瞬間って?

拡大画像を見る

どうもあかりです。男性の興奮ポイントってわかりやすいようで実は意外なところにあったりもします。今日は「え、そこで?」と女性が感じてしまうような男性の意外なデート中の興奮ポイントを3つご紹介していきます。


テーブルの下で脚が触れ合う

レストランでテーブルの席に向かい合って座るとき、対面に座った相手と脚が触れ合ってしまう瞬間がありますが、男性はこれ、超好きです。
とくに女性側がスカートを履いていて脚が出ている状態で脚が触れ合うと、まるで「二人で一緒にベッドに入って脚を絡ませてる」のを想像してしまって、思わずドキドキしてしまうんです。ぜひディナーデートの際には試してみてください。


ボディタッチはないけど、近い

「男性はボディタッチにドキドキする」とよく言われますが、露骨なボディタッチはドキドキ以前に違和感がありますし、そもそも女性側にとって難易度も高いです。むしろ、「ボディタッチをしそうなほど近い」というのがおすすめです。
ふとした拍子で身体が触れ合ってしまいそうなほど近くにいると、その「触れそうで、触れない」絶妙な距離感を逆に意識してしまい、ドキドキしてしまう。まだ交際前とか、付き合ったばかりで手を繋ぐことやボディタッチが難しいという女性におすすめです。


お酒で顔が赤くなっちゃってる

「酔った女性はエロい」と感じる男性が多いのは事実ですが、それは「お持ち帰りできそう」とか「理性がゆるくなってそう」とかそういう下心以前に、単純に「顔が赤くなっちゃってるのが、なんかエロい」という理由が一番です(これも下心と言えば下心ですが)。
もちろん飲み過ぎには気を付けてほしいですが、酔って顔をポッと赤らめるというのは、デートにおいて有効な「メイク」の1つなんです。
今回ご紹介したのはどれも、そこまで相手の男性と深い関係になくても試せるお手軽な興奮ポイントですので、好きな男性へのアプローチを考えている女性にぜひ試していただきたいと思います。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/11 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます