社会活動家 困窮学生へも10万円給付に疑問「果たして正しいのか」

拡大画像を見る

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」が11日、岸田文雄首相が10日夜の記者会見で18歳以下の子ども1人当たり10万円の給付に加え、コロナ禍で厳しい経済状況にある学生に対しても10万円の緊急給付金を支給すると表明したことを取り上げ、パブリックミーツイノベーション代表・石山アンジュ氏は「この10万円という一時金的な金額というのが果たして正しいのかというふうに思ってしまう」などと疑問を呈した。

 番組では、岸田首相が「なんで(10万円給付が)18歳までなのかという声もあると聞いている。大学生、あるいは専門学校生の方にも給付する支援策を今回の経済対策に盛り込んでいる」と会見で説明したと報道。

 NPO(非営利団体)で10代の若者を支援しているという石山氏は「1年半コロナが続いて、まとまったお金が必要。学費が払えないとか家賃が払えないだったりとか、もう本当に払えなくて退学をしてしまうっていう方もいる中で言うと、この10万円という一時金的な金額というのが果たして正しいのかというふうには思ってしまいますし」と、学生サイドに立って意見。

 さらに「全体の10万円給付っていうところでも、もっと対象を絞って中長期的にまとまったお金を支援できるようなあり方の方がいいのではないかと思います」と提言した。

関連リンク

  • 11/11 11:09
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます