男性が【別れたい】という気持ちを固めてしまう!?要注意LINE3選!

拡大画像を見る


彼からのLINEにトキめいて愛情が深まることもあれば、なんとなくイラッとしてしまうLINEが来ることもあるでしょう。
男性も同じで、彼女からのLINEの内容によっては「やっぱりこの人と付き合い続けるの無理!」と思ってしまうこともあります。
お互いに仲良くするためのLINEで、そのようになってしまっては本末転倒です。では、男性はどのような彼女からのLINEで嫌になってしまうことが多いのでしょうか。


束縛しまくるLINE

彼女のちょっとした嫉妬や束縛くらいなら「やきもちを妬かれる俺、愛されてる!」と喜ぶ男性もいるでしょう。
しかし一方で、束縛が激しすぎるLINEは男性の重荷になってしまいがちです。「今どこにいるの?」や「飲み会に女性はいるの?どんな人?」のように、束縛も度を過ぎると男性に嫌がられてしまうので、彼のことが好きでも束縛はほどほどにしておきましょう。


察しを待っているLINE

男性は「そんなことくらい察してよ!」といった態度の女性を嫌う人が多いので覚えておきましょう。たとえば「あー、甘いもの食べたい気分!」などのように送っておいて、次のデートプランにスイーツがないと怒るようなことを繰り返してると「面倒!」と思われてしまうでしょう。
察してもらえると嬉しい気持ちは誰でも持っていますが、察してチャンは負担になるのでおすすめできません。


彼に対する文句が長文で書かれているLINE

付き合っていて、別れるほどではない彼の嫌な一面が気になることもあるでしょう。そういう場合、今後のために直してほしいと思うのは普通のことです。
しかし、長文LINEで「〇〇なところとか△△なところは××なケースではふさわしくないので直してください」のように送ると、上から目線に思われる可能性があります。
直してほしい部分がある時は、LINEで送るのではなく直接伝える方が角が立ちませんよ。


彼の別れたい決意の最後の一押しをLINEでしないように注意!

なんとなく気持ちが冷めている時にイライラするようなLINEをもらうと、別れたくなるのも無理はありません。
彼の別れたい気持ちを決定的にしないように、男性がうんざりするようなLINEは送らないように注意してくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/11 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます