16歳で家計支えた「深すぎる闇」岡田結実が「兄・俊之介」に激ギレした瞬間と超パワーワード悪口「人生で一番怒った」

拡大画像を見る

 11月9日放送の明石家さんま(66)MCの『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)は、「兄弟姉妹が秘密を大暴露SP」と題して、兄弟姉妹の芸能人が出演。気心知れた関係ならではのトークが繰り広げられたが、6人組美男子ボーイズグループ「ASAP」メンバーの兄・岡田隆之介(23)に対して「激ギレ」した瞬間を妹で女優の岡田結実(21)が明かし、反響を呼んでいる。

「結実さんといえば、お笑いコンビますだおかだの岡田圭右(52)の二世タレントとして有名ですが、結実さんの兄である隆之介さんも、幼少期からモデルや、役者業もほぼセリフのない役を中心に活動していたんです。学業などを理由に一時俳優活動を休止し、19年には芸能界も一度引退。昨年2月に活動復帰しています」(女性誌記者)

 今回、隆之介は「高校卒業して19、20歳の頃の2年間」は「朝起きて、夜来るのを待って朝が来るのを待つ」という、一切何もしない自堕落な時期があったことを暴露。

 一方、妹の結実はそのころまだ高校生ながら、役者業もバラエティ番組も絶好調で、多忙を極めていた。

 そんな時期のある日、朝4時までゲームで遊んでいた隆之介に対し、結実はついに感情が爆発。仕事のため、始発で家を出る前に隆之介のヘッドホンをむしりとって、

「おい!働け!ゲームしないで働け!金食い虫!」

 と叫んだという。

「結実さんが当時16歳で、“ホントに心がすさんでて、両親が離婚した後”という話から、2017年ごろの出来事だと思われます。家計問題や、結実さんの仕事がなくなったらどうしようとか、本来、高校生が悩むようなことではないことで、結実さんはいろいろいっぱいいっぱいだったそうです。そんな時期に、一日中何もしない兄を見ていたら、文句も言いたくなりますよね。ただ、このエピソードが披露された後、結実さんはさらに痛烈な発言をスタジオでしたんです」(前同)

 当時の隆之介について結実は、

「一日中、パンツ一丁でリビングに座って、ずっとゲームしてるんですよ。それがホントに虫けらにしか見えなくなっちゃって」「いまでも(あれが)人生で一番怒ったとき」

「お尻かいて、鼻クソほじくって、もうムカついちゃって」

 と、タガが外れたように暴露。「結実ちゃんの気持ち、ホントに分かる」と、さんまも同情していた。

■現在は兄の成長に涙するように

「現在の隆之介が、ASAPのリーダーとして芸能活動していることを説明中に姿勢を崩してしまった際は、すかさず結実さんが“ちょっと頑張って”とフォローを入れたんですが、ここでさんまの“お前んとこの家はどうも男をバカにする家系や!”というツッコミに“してない”と言いつつ、“(岡田家の男性陣は)話がつまらないんですよ!”と、思わぬところで、父親にも飛び火していました(笑)」(前出の女性誌記者)

 そんなダメダメな兄だった隆之介だが、現在は一人暮らしで自立したほか、自分から結実に「母の誕生日プレゼントを買おう」と人生初の提案をされ、折半でシャネルのバッグを購入したが、残念ながら隆之介の資金不足で「ゴメン、10万多めに出してもらえない……?」と、シャネルの店内で結実に打診したことをカミングアウト。

 しかし、結実としてはショックではあったものの、誠意は伝わったのか「兄が成長したことに母とともに号泣」したそうだ。

「ちなみに、昨年11月の『しゃべくり×深イイ話SP』(日本テレビ系)によると、結実さんがブレイクするきっかけになった『天才てれびくん』(NHK)のオーディションでは、隆之介さんが音痴が災いして落選。

 兄妹2人ともいまだに複雑な心境だったほか、その後結実さんが華々しい活躍をしていたことで“いまさら頼るのもな……”と負い目を感じ、兄妹共演のオファーを断っていたそうです。紆余曲折ありましたが、隆之介さんも結実さんに負けじとこれからどんどん売れていてほしいものです」(前同)

 芸能界最強兄妹を目指して、がんばってほしい!?

関連リンク

  • 11/11 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます