木下都議をテレ朝が直撃 指輪が注目の左手は終始ポケット グッド!モーニングで

拡大画像を見る

 11日にテレビ朝日系で放送された「グッド!モーニング」では、独自取材として、9日に無免許当て逃げ事故発覚後、初めて公の場に姿を見せた木下富美子都議を直撃。改めて後日、9日に話せなかったことも「話そうと思っている」と語った。

 番組では、10日に都内のホテルから出てきた木下都議を直撃。9日の登庁時に被っていたものと同じ物とみられる深緑色の帽子にオレンジ色のマスク姿。黒の上着を着て黒のスニーカーを履いていた。

 番組によると、会見時にはめていた左手の指輪に関しては、終始上着のポケットに手を入れていたことから、確認できなかったと説明している。

 木下都議は、記者からの「昨日で説明責任は果たされたと考えているか?」という問いには「いえ、全てとは申しておりません。後ほどご説明申し上げると申し上げておりますので」と説明。

 その後、木下都議は100メートルほど進むといきなりきびすを返し、来た道を戻り始めたといい、記者からの「委員会が止まっているが」「これでも自分にしか出来ない仕事があるとお考えか」との問いには答えなかった。

 さらに次の会見は決まっているのか?との問いかけには「HPに出させていただいて前から申し上げている通り、現状お話できないことが、捜査中なのである。それが整理された段階でご説明申し上げると話している。そのときにきちっと、昨日お話できなかったことも話そうと思っております」と話し、ホテルに戻っていった。

関連リンク

  • 11/11 9:40
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます