朝ドラ、衝撃幕切れに華大が「タッチ」受け ネット「さすが」【ネタバレ】

拡大画像を見る

 11日に放送されたNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が衝撃の幕切れとなった直後に始まった「あさイチ」で、博多華丸大吉の華丸が「ちょっと!ちょっとちょっと!」と、双子のお笑いコンビ、ザ・たっち風にツッコミ、ネットには感心する声が寄せられた。

 朝ドラは、縁談が持ち上がった安子(上白石萌音)が、心を寄せる稔(松村北斗)に最後に会うために岡山から大阪へ行き、稔には何も告げずに泣きじゃくりながら帰途に。心配した稔はこっそり急行で追いかけており、安子の家を2人で訪れて稔が正式に交際を申し込むというキュンキュンする展開に。

 だがラスト、岡山の実家に戻った稔が弟の勇(村上虹郎)とキャッチボールしていると、勇が「兄さんは気付いてねー思うけど、わし、あんこのことが好きなんじゃ」と告白。あまりの衝撃に、稔がキャッチボールをやめてしまうシーンで終わった。

 この直後に始まった「あさイチ」は、大吉が「勇…」と絶句してスタート。華丸が「ちょっと!ちょっとちょっと!」と続き、「たっちですよ、これは」と、甲子園を目指す勇ら兄弟2人が同じ女の子を好きになる展開を漫画「タッチ」に絡めた。

 大吉が「いやいやビックリ。まーまーまーまー、気付いてはいましたけど」とショックを口にすると、鈴木奈穂子アナウンサーも「ですけどねー…」。再び華丸が「甲子園に連れていく可能性は勇ですから」と生真面目な顔でうなずいた。

 すべてを持って行った勇の告白に、放送直後には「勇ちゃん」が上昇ワードに。そんなシーン後の華大の抜群の受けに、ネットでは、この「タッチ」寄せに「流石だなー」「タッチと被せる華大さんw」「華大さんの朝ドラ受けさすが」と感心する声が集まった。

関連リンク

  • 11/11 8:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます