遠藤航がブンデス第23節のベスト11に選出! 1部初得点含む2G2Aで大車輪の活躍

拡大画像を見る

 ブンデスリーガは1日、第23節のベストイレブンを発表。シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が選出された。

 シュトゥットガルトは27日、ブンデスリーガ第23節でシャルケと対戦。遠藤は10分にコーナーキックの流れから先制点を挙げると、これがブンデスリーガ1部での自身初得点に。さらに26分にもゴールを決めると、後半には2アシストを記録した。遠藤は2ゴール2アシストの大活躍でシュトゥットガルトの5-1の勝利に貢献し、文句なしのベスト11入りを果たしている。

 その他、シュトゥットガルトからはGKグレゴール・コベル、DFボルナ・ソサも選出。バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキ、MFレオン・ゴレツカ、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョらとともに名を連ねている。

 ブンデスリーガ第23節のベストイレブンに選出された選手は以下の通り。

グレゴール・コベル(シュトゥットガルト)
パウロ・オタヴィオ(ヴォルフスブルク)
レオ・ラクロワ(ヴォルフスブルク)
ジェフリー・ハウウェレーウ(アウクスブルク)
ボルナ・ソサ(シュトゥットガルト)
遠藤航(シュトゥットガルト)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
ダニ・オルモ(ライプツィヒ)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
クリストファー・エンクンク(ライプツィヒ)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

関連リンク

  • 3/2 9:35
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます