新妻の夏目三久は知っているのか?有吉弘行の男らしすぎる欲望とは

 果たして新婚の夏目三久アナは、夫・有吉弘行のそんな欲望を知っていたのだろうか? 有吉が明かした将来像に、視聴者も驚いていたようだ。

 11月8日深夜放送の「有吉クイズ」(テレビ朝日系)では、<有吉の待ち合わせ相手>を当てるという同番組で恒例のクイズを出題。東京・赤坂の古めかしい喫茶店で待ち受ける有吉のもとに訪れたのは、証券マン風の渋い男性だった。

 有吉も初対面だという男性は、大人向け作品を中心に32年もの芸歴を誇るビデオ俳優の田淵正浩氏。有吉より8学年上の54歳で、出演作は約1万本に及ぶという業界の重鎮的存在として知られている。

「番組では《有吉が田淵さんをお呼びした目的は?》とのクイズを出題。ゲスト解答者のヒコロヒーが『自分もやりたいけどどうしたら』と回答すると、それがまさかの正解です。これにはヒコロヒー自身もイスから立ち上がって『え~っ!』と驚がくしていました」(芸能ライター)

 その正解にみちょぱも「なにそれ!?」とビックリ。さらば青春の光の森田も「ピンポンだったらアカンのよ!」と有吉のことをたしなめていた。しかし笑顔でスルーする有吉はどこ吹く風といった様子。VTRでは、あと3年で50歳という節目を迎えるにあたっての進路相談と語りつつ、3年後にテレビ業界が元気なのか分からないと指摘し、この道30年超の先輩に新たな挑戦を相談していたのである。


 そんな有吉は田淵氏に「もう遅いですか?」と大人ビデオデビューについて質問。鼻呼吸が必要と説明されると「僕は致命的かもしれませんね、鼻炎なんですよ」と頭を抱える場面もあった。

 自分のような著名人が出演すると観る側が萎えるのではという心配に関しては、田淵氏が「有吉さんクラスになると超越」していると太鼓判。自分を見せようとする欲が入るとウザくなるとの忠告を付け加え、有吉は爪痕を残し過ぎようとする若手芸人を例に出して「お笑いも一緒ですね」と納得していたようだ。

「田淵氏からソフトタッチの重要さを学び、自身の肌で試しては恍惚の表情を見せていた有吉。その場面にさらば森田は『あの顔はさすがに奥さんも引きますよ!』と、4月に結婚したばかりの夏目三久アナを引き合いに出してツッコミを入れていました。視聴者からも《新婚直後に男優転身?》《夏目ちゃん悲しむから》と心配の声が続出。もっとも多くのファンは《デビューしたら買う!》と有吉の男優転向を応援していたようです」(前出・芸能ライター)

 世間が羨むような美人妻をめとってもなお、男優志望の欲望を隠さない有吉。そんな男くささに夏目アナは惚れたのか、そもそも有吉の欲望について知っているのか、実に気になるところだろう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます