なにわ男子に櫻井翔「ほほ笑んでしまいました」演技力とバラエティ対応、番組ジャックで見えた“キンプリ・スノスト超え”を予感させる早熟さ

拡大画像を見る

 なにわ男子の道枝駿佑(19)、西畑大吾(24)、高橋恭平(21)が11月6日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)で、嵐の櫻井翔(39)をほほ笑ませる場面があった。

 この日のトーク中、藤原丈一郎(25)がお笑い芸人に関する分析メモを書いていると明かしたところ、スタジオでその内容が紹介されることに。だが、その分析はかなり浅いもので、レギュラー出演しているバイきんぐの小峠英二(45)について、「スキンヘッド」と書かれていたことから、小峠は「スキンヘッドは書くまででもねーだろ!」と藤原にツッコみ、スタジオの笑いを誘っていた。

 その後も、なにわ男子は思わずホッコリする笑いを連発することに。星座を聞かれた高橋が十二支と勘違いし、「子、丑、寅、卯、辰、巳」と言い出したと藤原が暴露すると、櫻井は「実際は何座なの?」と高橋に質問。それに対し、高橋は「子、丑、寅、卯、辰、巳」と言った後に、「キツネ、ネコ、コアラ、ラッパ」と続け、小峠から「キツネが入っちゃった」とツッコまれていた。

 そして最後に、道枝、西畑、高橋の3人がそれぞれバランス芸を披露。手の甲に傘を乗せてバランスをとったり、人差し指で座布団を回したりしてスタジオを沸かせたところ、それを見ていた櫻井は「なんでしょうね、ほほ笑んでしまいました。誰も傷つけない平和な時間が流れてました」とコメントし、3人のバランス芸に思わずホッコリさせられていた。

 なにわ男子は11月12日にCDデビューを控えていることもあり、番宣でバラエティ番組をジャックしまくっているが、彼らのバラエティ対応力はかなりのものだ。

■最近はいなかった早熟アイドル

 たとえば、10月31日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)では、大橋和也(24)、大西流星(20)、藤原が巧みな食レポを披露し、TOKIOの松岡昌宏(44)が絶賛。一方で11月7日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)では、味噌の原材料について聞かれた高橋が「アーモンド、どんぐり、土」と答える天然ぶりを炸裂させ、番組を盛り立てていた。

 このようにバラエティへの対応力がズバ抜けているのは、早い時期から関西ローカルのバラエティ番組『なにわからAぇ!風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ!男塾~』(関西テレビ)や『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系)などに出演し、現場力を磨いてきたことがあるだろう。

 また、なにわ男子は俳優力も高い。道枝がドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)、西畑もドラマ『教場』(テレビ朝日系)での演技力が高く評価されるなど、バラエティ以外での活躍も目立っている。先輩のKing&PrinceやSnow Man、SixTONESも、それぞれ俳優業やバラエティ番組で活躍しているが、デビュー当初で比べれば、なにわ男子ほどではなかった。それだけ彼らは早熟なのだ。

 この勢いでデビューを果たし、順調に活動していけば、なにわ男子が嵐レベルのトップアイドルになることは間違いなさそうだ。

関連リンク

  • 11/11 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます