JRE MALL初のリアルショップ! 山手線内を中心に20駅で展開

拡大画像を見る

 JR東日本は、JR東日本グループが推進する「Beyond Stations 構想」の一環として、生活動線である駅構内にJRE MALL初のリアルショップなど、新たなショールーミングの拠点を11月18日から順次設置する。

 山手線内を中心に20駅でショーケース型店舗「JRE MALL Car」を設置する計画。さらにオンライン接客型店舗「JRE MALL Meet」の実証実験も進める。また、体験型ショールーム店舗「JRE MALL Cafe」をJR横浜駅構内に開業する。新店舗では、デジタルデバイスを活用した双方向コミュニケーションイベント、オンライン接客販売などを提供する。
 今回、JRE MALLでは、JR東日本が強みを発揮できる駅空間を活用し、独自のコミュニケーション戦略を推進する。駅空間に「ショーケース型店舗」、「オンライン接客型店舗」、「体験型ショールーム店舗」の3タイプのショールーミング拠点を導入し、各タイプに適した場所に設置していく。
 季節や流行に合わせ、JRE MALL内で販売している商品を定期的に入れ替えながら紹介・販売する拠点を山手線内の駅を中心に順次展開。ショーケース型店舗「JRE MALL Car」と、オンライン接客も体験できる「JRE MALL Meet」のトライアル版の2タイプを予定している。
 「JRE MALL Car」は、JRE MALLで販売している商品を紹介する無人ショーケース。1分程度の短い接触時間で商品情報やここでしか手に入らない特典情報やクーポンを得られる。コードからの商品販売なども提供する。
 オンライン接客体験ができる「JRE MALL Meet」は、顧客の興味や属性に応じて商品を紹介する。気になる商品は、オペレーターに相談のうえ、JRE MALLで購入できる。オンライン接客機能は先行して一部の「JRE MALL Car」で実証実験を開始し、機能拡充と設置箇所拡大を進めていく。
 JR横浜駅構内に開業する「JRE MALL Cafe」は、JRE MALLで販売している商品を実際に「見て・触れて・味わうことができる」体験型のショールーム店舗。2週間ごとに変わるテーマに合わせて、ふるさと納税の返礼品や生活をサポートする商品を紹介する。
 さらに、生産地のエリア紹介や販売者との双方向コミュニケーション、ワークショップなどのイベントも展開。また出展者は、店内企画と連動して開催する催事販売を通じて、リアルの場での顧客の反応を見ることができるほか、商品情報読込後の行動をフィードバックするマーケティングの場としても活用できる。

関連リンク

  • 11/11 7:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます