これは絶対ダメ!男性が不快になってしまう苦手なスキンシップ

拡大画像を見る


スキンシップは、上手に行えば男性との距離を縮めるの効果的。しかし男性に嫌がられるスキンシップをすると、距離を置かれてしまう恐れがあるんです。今回は、男性が不快になってしまう苦手なスキンシップをご紹介します。


人目があるところでベタベタ触る

公共の場所や人通りの多い場所など、人目があるところでベタベタ触られるのを嫌がる男性が多いです。スキンシップされているところを、他人に見られるのが恥ずかしいのでしょう。男性の気持ちを考えずに場所を選ばずスキンシップすると、好感度が下がる可能性がありますよ。スキンシップするときは、2人きりのタイミングを狙うとよいかもしれません。


友人・同僚などの前で触る

友人や同僚の前でスキンシップされるのは、なるべく控えたほうがよいでしょう。男性はシャイな人が多いため、友人・同僚にスキンシップされているところを見られたくないんです。後からネタにされたり、からかわれたりするのを避けたいのかもしれません。好きな男性との仲のよさを周囲の人に見せたくても、人前で触るのはグッと堪えてくださいね。


男性が何かに集中しているときに触る

男性が仕事モードになっているときにスキンシップすると、邪魔をされたような気分になるようです。仕事に集中したい男性が多いので、仕事モードのときはスキンシップを控えたほうがよいでしょう。また、テレビを観たりゲームをしたり、何かに熱中しているときに触られるのも嫌なようです。男性が何かに集中しているときは、スキンシップをしないほうがよいかもしれません。


やめてと伝えたのにしつこく触る

男性から「やめて」と言われたのに、構わず触り続けていませんか?しつこいスキンシップは、嫌がられることが多いです。男性からのやめてほしいサインに気づいたら、素直にストップしたほうがよいでしょう。自分の気持ちばかり押し付けず、男性の気持ちを思いやるのを忘れないでくださいね。
今回は、男性が不快になってしまう苦手なスキンシップをご紹介しました。状況を考えられなかったり男性の気持ちを思いやれなかったりすると、嫌がられることが多いようです。スキンシップをするときは、男性に喜ばれる方法で触ってくださいね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/11 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます