炎が立ち上るプレゼンテーションは圧巻!素敵なデートができる新店

ショッピングからグルメまで楽しめる、おしゃれな街並みが魅力の代官山。

デートにぴったりのこの街は、感度の高いレストランが数多く存在する。なかでも、話題の新店が『レストラン レクレルール』だ。

繊細なプレゼンテーションで提供されるフレンチは、華やかな盛り付けと美麗な器で、たちまち客を魅了してしまう。

今回は、思わずエスコートしたくなる、美しきフレンチを紹介する!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

落ち着いた街、という印象のある代官山。

大人のデートにぴったりの街で、とりわけ閑静な一角に、この9月オープンした『レストラン レクレルール』。

2018年、白金高輪に『Libre(リーブル)』を開いた田熊一衛シェフの新天地だ。

わずか12席でカウンター主体だった『Libre』からは一転、丸いテーブルがゆったりと配置され、白を基調にした空間は、隅々まで上質な雰囲気が漂う。


圧倒的な美しさの「屋久島の車海老 自家製リコッタとキュウリ」。


「ウニ 発酵バターを使ったコーヒームース 鹿児島県産じゃがいも」は、意外性のある香りの組み合わせが楽しい。


「鹿児島県の放牧豚 藁のソースと熟成させたコーヒーkombucha」は、薪焼きならではの一品だ。

料理はおまかせコース(13,750円)からの一例。

ディナーのクライマックスは、青炎が立ち上るワゴンサービスのデザート!


目の前で炎と香りを楽しめる「クレープシュゼット」。


仕上げに液体窒素で固めたアイスクリームを。



10年近くをパリで過ごし、三ツ星レストランでスーシェフを務めた経験も持つ田熊シェフが、今回掲げたテーマは「原点回帰」。

熱源としてガス火ではなく「薪」を使用する新しい試みも盛り込みつつ、楽しい驚きのある味や香りの組み合わせ、繊細なプレゼンテーションといった個性が、これまで以上に遺憾なく発揮されている。

味覚、そして美的感覚が満たされる体験が約束された一軒だ。


『レストラン レクレルール』は、表通りから1本奥まったエリアに建つ。手前の植え込みと窓から漏れるまばゆい光が印象的な建物の1階に佇む。


代官山駅からは徒歩5分程の距離でありながら、かなりの隠れ家感がある。



料理はもちろん、店内の雰囲気も洗練された雰囲気が漂う『レストラン レクレルール』。

華やかな料理に合わせて、とびきりのお洒落をして訪れたくなる。そんな、代官山フレンチを堪能してみてはいかがだろうか。


▶このほか:今日は寒い!そんな日に食べたいフランスの“名物煮込み”の最高峰が銀座にあった!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/11 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます