相葉雅紀&永島優美アナが司会「2021FNS歌謡祭」2週連続で放送決定

【モデルプレス=2021/11/11】12月1日と8日の2週連続でフジテレビ系音楽の祭典『2021FNS歌謡祭』(18時30分~)が放送されることが決定。司会は嵐の相葉雅紀と永島優美フジテレビアナウンサーが務める。

◆相葉雅紀&永島優美アナが司会「2021FNS歌謡祭」

毎年日本を代表する豪華アーティストたちが一堂に集結し、この番組でしか見ることのできない夢のコラボレーションや、時代を彩った名曲から最新のヒット曲まで、みどころ満載の音楽の祭典『FNS歌謡祭』。今年は12月1日と8日の2週連続、2夜合計で9時間30分超の豪華ステージを生放送でお届けする。

司会を務めるのは、相葉と永島アナウンサー。『2019FNS歌謡祭』から司会を務め、今年で3年目となる2人が“番組の顔”として生放送をもり立てる。

出演アーティストの情報は後日、『FNS歌謡祭』でしか見られない企画や、夢の共演とともに発表予定。(modelpress編集部)

◆第1夜 総合演出・浜崎綾(フジテレビ第二制作部)コメント

「今年も『FNS歌謡祭』の季節がやってきました。時代もジャンルも超えて、“心躍る楽曲を浴びるように聴ける音楽のお祭り”それが『FNS歌謡祭』です。お祭りとははかないもので、ひとときの高揚感と興奮はオンエア終了と同時にパッと消えてなくなります。あの人とあの人の夢のコラボ、普段は歌を歌わない、あの人の一世一代のパフォーマンス、すべて『FNS歌謡祭』当日、一度きりしか見ることができないものです。どうか、テレビの前でお楽しみいただければと思います。リアルな音楽体験がなかなか出来ないこのご時世ではありますが、アーティストの皆さんの息づかい、手に汗にぎる緊張感がすぐ目の前にあるように感じられる、そんな番組にできればと思っております」

◆第2夜 総合演出・島田和正(フジテレビ第二制作部)コメント

「『FNS歌謡祭』を2週に渡ってお送りするようになってから7回目の放送になります。当然ながら、オンエア時間が2倍になるということと、スタジオからお送りするということで、これまでアイドルメドレーやミュージカル企画など様々な趣向を凝らした企画に挑戦してきました。企画段階では“テレビでやるにはマニアックだろう”と言われることもしばしばの、こうした企画ですが、だからこそ“見たことがない”“知らない”方を想定して構成・演出しています。もちろん今年も、誰でも楽しめる、少しマニアック?な企画をたくさんご用意しています。是非、お家で、テレビの前でご覧頂ければと思います」

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/11 4:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます