横山由依、12年ぶりの恋・愛・解・禁! AKB48卒業後の“出会い”に期待♡

拡大画像を見る

 アメリカ北東部のとある森を舞台に、最強の未確認生物(UMA)「ビッグフット」が恐ろしい人喰鬼グールとデスマッチを繰り広げる映画『ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森』が11月12日(金)に全国ロードショーされる。

“ビッグフットホラーの最高峰”と呼ばれる本作の特別試写会&トークショーが先日行われ、先ごろ今年いっぱいでのグループ卒業を発表したAKB48・横山由依がスペシャルゲストとして参加。彼女にホラー映画の魅力、いよいよ来月に迫った卒業への思い、これからの活動について聞いた。

究極のところ「人間」が一番怖いと思います(笑)

――横山さんはホラー映画は得意ですか? 

横山由依(以下、横山) 1人で観ることはあまりないのですが、昔、家族で『呪怨』や『リング』といったジャパニーズ・ホラーをよく観ていました。嫌いではないです(笑)。

――ホラー映画のどういった部分に惹かれるのでしょう。

横山 『ホラー(恐怖)』って言ってるだけあって、絶対に怖いじゃないですか(笑)。その上でどう怖いのか、人なのか幽霊なのかモンスターなのか精神的なものなのか、さまざまなバリエーションがあるのが魅力ですよね。究極のところ「人間」が一番怖いと思いますけど。

――では、もし横山さんがホラー映画のようなシチュエーションに遭遇したらどう立ち回りますか。

横山 どうなんでしょう……コミュニケーションの取れる相手ならなんとかなりそうですが、それが出来ないと生き残るのはなかなか難しいかもしれませんね(笑)。

――元総監督としては、人をまとめるのは得意なのでは?

横山 その意味では、チームで動くのは得意かもしれないです。けど、危機的状況に陥った時、人のことではなく自分を守ることを第一に考えて行動すると結果的にみんなを守れる、という話を聞いたことがあります。なので、もし、そういうピンチが実際に訪れたら、とりあえず「それぞれが自分を守ることを優先して行動しよう!」と全員に伝えます!

――ところで、AKB48卒業まで2カ月を切りましたが、今の心境をお聞かせ下さい。

横山 すごい長い間、本当にいろいろな経験をさせてもらいました。16歳で加入して、卒業のタイミングでは29歳になりますけど、嬉しいこと、大変なこと、辛いこと、いろんな気持ちにもなりましたが、今、振り返ると「楽しかった」というのが一つの大きな感想としてあります。あとはもうAKB48のメンバーとして最後まで走り切りたいです。

――AKB48メンバーとしての活動は11月の卒コン、12月の劇場公演でフィナーレとなります。

横山 大きな会場でのコンサートは久しぶりということもあって、予定があるだけでも嬉しいですね。アイドルにとってコンサートはやっぱり特別なステージでもあるので、気合を入れて12年分の思いを詰め込みたいです。同じように劇場公演も、最後の最後はここで終わりたいという気持ちがあります。常に自分のそばにあったし、原点でもあるので。

――グループを離れて一人で活動することへの不安や怖さはありますか?

横山 1年前、2年前に卒業を決めていたら怖さがすごくあったかもしれませんが、今回の卒業は私にとってベストなタイミングだと思いますし、これから先、お芝居をメインに活動していくことは楽しみしかないという感じですね。なによりも、12年やりきった上で自分の夢に向かえるというのは、作品にしても、人にしても、どんな出会いがあるんだろうっていう意味で楽しみです。

――出会いといえば、先日のバラエティ番組では卒業後は「恋愛もしたい」という発言
もありました。

横山 そうですね(笑)。今まで出会った方はもちろん、今後出会っていく方も、私がAKB48を離れたことから生まれる会話や出かけられる場所があると思うんです。その中で一緒に語り合ったり、お出かけしたり、そういう人がそばにいるのは素敵なことですし、今まではどうしてもAKB48として、総監督として、というワンクッションがあったので、これからはより“自分らしさ”を意識して、自由に自分のことや気持ちを発信出来たらいいなと思います。

――では最後に、少し早いですが、2022年の抱負をお願いします。

横山 2021年にAKB48を卒業して、29歳になって、来年はいろいろなことが新しくなっていくと思います。今までより一層、一つひとつのお仕事に丁寧に向き合いたいですし、たくさんの人たちとコミュニケーションを取れたらなと思います。映画も好きなので、一つでも多くの作品に出たいですね。

  • 11/10 19:01
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます