乃木坂46吉田綾乃クリスティー、舞台「フルーツバスケット」本田透役で主演 ビジュアルも解禁

【モデルプレス=2021/11/10】制作が決定していた舞台「フルーツバスケット」の公演情報・キャストが新たに発表。主人公・本田透役を乃木坂46の吉田綾乃クリスティーが務める。

◆乃木坂46吉田綾乃クリスティー、舞台「フルーツバスケット」本田透役で主演

本作は2022年3月4日~13日の期間、日本橋三井ホールにて上演。吉田のほか、草摩由希役の北川尚弥、草摩夾役の橋本祥平、草摩綾女役の仲田博喜、草摩潑春役の田村升吾、本田今日子役の芳賀優里亜、草摩藉真役の稲垣成弥、草摩はとり役の伊万里有、草摩紫呉役の安里勇哉(TOKYO流星群)などメインキャストが解禁となり、ティザービジュアルも公開された。

公開されたティザービジュアルでは、透・由希・夾・紫呉の4人が縁側で佇む姿を見せており、原作さながらの世界観を再現している。

脚本・総合演出を手掛けるのは毛利亘宏(少年社中)、演出は長谷川太郎(少年社中)が担当。さらに吉田、北川、橋本、安里の4名より意気込みコメントがYouTubeにて公開された。

◆人気少女漫画「フルーツバスケット」を舞台化

「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された人気少女漫画で、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、足掛け3年に渡りテレビ東京ほかにて放送された。そして2022年2月18日より、TVシリーズ総集編に新作映像を加えた「フルーツバスケット -prelude-」が全国の劇場にて上映されることが決定(劇場限定版Blu-ray同時発売)した。(modelpress編集部)

◆ 舞台「フルーツバスケット」

<スタッフ>
原作:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)
脚本・総合演出:毛利亘宏 (少年社中)
演出:長谷川太郎 (少年社中)
ほか

<キャスト>
本田 透:吉田綾乃クリスティー
草摩由希:北川尚弥
草摩 夾:橋本祥平

草摩綾女:仲田博喜
草摩潑春:田村升吾

草摩紅葉:古賀 瑠
草摩楽羅:関根優那
草摩利津:安達勇人
魚谷ありさ:南 千紗登 
花島 咲:中村裕香里

本田今日子:芳賀優里亜
草摩藉真:稲垣成弥

草摩はとり:伊万里有

草摩紫呉:安里勇哉
ほか

<主催>
舞台「フルーツバスケット」製作委員会2022

<あらすじ>

唯一の家族だった母親を亡くした高校生の本田透は、一人でテント暮らしをしていた。だが、その場所は学校の王子様的存在である草摩由希の暮らす『草摩家』の敷地内だった。

家主である草摩紫呉に家事の腕を買われた透は、彼らと一緒に住むことになる。由希を敵視する草摩夾も加わり、透は想像もつかない運命に巻き込まれていく。そう、『草摩家』が何百年も前から縛られている『呪い』という運命に…。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/10 20:58
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます