人生って「ものすごく精緻に自分の望みを把握して、言語化している」人が勝つ【恋愛無双#4】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/254388/ )

こんにちは!港区オバサン カサブランカです。

今回は恋愛無双師匠 吉沢詩乃さんに、アラフォーで改めて理想の相手を設定する方法をご指南いただきます。

 

吉沢詩乃さん プロフィール

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/254388/ )

1985年生まれ。東京外国語大学卒業後、リクルートで法人営業として多数のMVP等受賞。エステサロンを開業し、1か月先まで満席のサロンに。趣味だったお金持ち生態研究から、ハイスぺ男子総合研究所を副所長である柿添あいさんと立ち上げ、恋愛婚活塾・総合アカデミーを主催。独自のメソッドで受講生の96%が男性から告白され70%にパートナーができるという結果をたたき出している。著作に「恋愛無双になる方法」「なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか」

 

そもそも「自分がどう生きたいか」から整理しよう

 カサブランカ「なんか、最近、もはや理想がよくわからなくなってきたというか……」

 

吉沢さん「では、カサブランカさん自身が、どういうふうに生きていきたいかをもう一度棚卸ししてみるといいと思います。おのずとパートナーに求めることが決まってくると思いますよ。

たとえば次のような流れでリストアップしてみましょう」

 

理想の人生・ライフスタイルは?

・あなたはこれからどんな人生を送りたいですか?

・人生最期を迎えた時に、どんな人生だと思って死にたいですか?

・住む場所/住む家/仕事/収入/生活スケジュール/子供の有無/趣味/ファッション/行きたいところ/実現したいこと/大切にしたいこと

 

理想のパートナーシップ

・パートナーとはどんな関係が理想?

・時間の過ごし方/デートの頻度・内容/愛情表現/会話/感覚・感情/大切にしたいこと/家事・子育てへの姿勢/経済観念/共通の趣味など

 

理想の男性リスト

・あなたの理想のパートナーはどんな人?

思いつく限りの項目をすべて書き出す(最低30項目以上がおすすめ)

 

 

うーん、うーん……

カサブランカ的には、なんだか自分の人生に果たして「パートナー」なるものが必要か否かもわからなくなってしまった……。

けど、奮起して……。

 

海外旅行はぼんやりいっぱい行きたいし、仕事をどう展開していくかも自分よりも経験値の高い人からアドバイスをもらいたいし、自分のお葬式には賑やかに人がいっぱい来てパーティみたいになってほしいな……とか、それくらいのイメージは……。

あと、ミラー貼りの一部屋サイズあるクローゼットのついたお部屋に住みたいな!っていうのは昔から思っていたし……。おっ、マテリアル臭出てきたな。そういやハリーウィンストンどっかいったな

理想のパートナーシップや男性、のところは……デート毎週とか物理的に無理だしめんどいな、顔はイ・ミンホみたいで身長も180cm以上あるほうがいいなぁ。(中3か。)

うっわ、クソ断片だなこりゃ……。

 

ダメダメ、NO MORE“枷”! ダメ、絶対!

枷なく、のびのび、リストを膨らませていってから、要精査、ですね!

皆さんはどうでしょう??

 

どうしても自分の思い描く内容に「こんなこと思っていいの……?」が

 

カサブランカ「あの……なんか思い描いたことが、どうにもこうにも底が浅いかんじして……。

師匠に伝えるまでもない気になっちゃいました……」

 

吉沢さん「またちょっと『自分がそんなこと思い望んじゃダメだ』、みたいなことを思ってしまいませんでしたか? それはダメですよ!

はっきり言って、かっこよくて優秀なハイスペ男性と理想的な人生を送るのと、カサブランカさんのタイプでない人、理想と違うなと思う人とお付き合いしていくことの難易度は一切変わりません

 

カサブランカ「えーっ!! マジですか?」

 

吉沢さん「望みを叶えるために最も大切なことは、最初にゴールを決めるということです。

 

たとえば沖縄に行きたい人と北海道に行きたい人だと、そもそも乗る飛行機が違いますよね?

沖縄に行きたいのに、ろくに調べもせずに『ゲートが近くて乗りやすいし出発時間もすぐだから、あの便にしよう』と北海道行きの便に乗ってしまったら、行きたかった沖縄にはたどり着けません。

ゴールを決めずに実現可能性だけを意識してしまうというのは、それと同じことをしているんです

 

たしかに!

 

吉沢さん「ゴールを決めて必ず達成すると決意し、その後で手段を考えれば、いくらでも方法は出てきます。

実現可能性を無視してゴールを先に決めてしまうことで、今までは考えられなかったような幸せを実現できますよ。

 

人の能力にそこまでの差なんて存在しません。

ただ、ズルいくらいに好循環のスパイラルに入っている女性は、ものすごく精緻に自分の望みを把握して言語化しているものなんです。

 

たとえば、『働きたくない!』と思ったとして、たいがいの人は、『いやいやいや、そうは言っても働かないとダメでしょ。みんな我慢しているんだし、お金のためなら仕方がないし……』と思考停止してしまいます。

でも、夢を叶える女性は、『働きたくない!』というところから、

『なんで働きたくないんだろう?』『整理すると、行き帰りの満員電車が嫌なだけかも……それじゃぁ、そうじゃない職場に……』と、どんどんブレークダウンしていけるのです。

この原理でどんどん細分化すると、自分の人生に必要な環境、経済、相手が見えてきますし、それを手に入れるために動くことができます。これが自分の願いをかなえるすべての基本になります」

 

カサブランカ「はいっ!」

 

 

結局は、自分としっかり向き合って、丁寧に言語化することね!

 

確かに……

仕事ではいつも「その事象の本質的な価値は」とか「クライアントの本質的なニーズは……」とか威張り散らかしているくせに、自分のプライベートではまったくできていなかったわ!

恋愛・結婚に限らず、仕事や子育て、家族や友人との付き合いなどすべて、恋愛無双マインドの「人・世界・自分を信じる」ということをベースにしてすべてに取り組んだほうが、うまくいくのではなかろうか? そう思った次第♡

 

そして、吉沢メソッドが本質的すぎてそういや忘れていた「コロナ禍を経てハイスぺ婚はどこへ行くのか」問題だけど、これは、吉沢師匠のお話だと、「人によるのでは?」という感覚だそう。

近年ますます、“ハイスペ婚万歳”モードから、高い・低いとかでなく自分の望みにマッチしたスペックを持つパートナーを探すことに価値が置かれていくようなトレンドはありそうですが、その場合でも自分の望みをおおいにオーダーシートに並べていく工程は普遍的なものなのだわ!

 

そもそも自分自身の真なる欲求も整理せずにパートナー探しなんかしていたからこの20年グダグダだったんだわ!

後輩たちよ、同じ轍は踏まないで!

 

まずは自分の人生を夢みることを、もう一度、のびのび、大胆に!

If you can dream it, you can do it♡ ―Disney でございますよ!

 

XOXO♡ 詩乃&カサブランカ

 

 

画像:Shutterstock/ToskanaINC

関連リンク

  • 11/10 11:33
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます