中島健人、主演映画を背負うのは「ジャニーさんへの恩返し」“ユーは役者だよ”胸に

拡大画像を見る

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが11月10日、2021年冬以降に配信する作品ラインナップを一挙に発表する「Netflix Festival Japan 2021」ライブアクションDayを都内で開催した。

宇山佳佑による60万部の大ヒット恋愛小説を映画化したNetflix映画『桜のような僕の恋人』からは、出演する中島健人&松本穂香、深川栄洋監督が出席した。カメラマンの夢を追う晴人(中島健人)と「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症した美咲(松本穂香)の、儚くも美しい、忘れられない恋を描く感動のラブストーリー。

中島さんは映画化が決まる以前から、原作小説の大ファンだったといい「本がびしょびしょになるくらい泣いてしまった。それくらい感動した」と強い思い入れ。それだけに本作の出演オファーは「幸せでしたし、本当にビックリだった」と振り返り、「原作の世界観が変わらないか心配しているファンの方々もいるかと思いますが、脚本は原作の良いところを引き出し、さらにパワーアップしています」と強い手応えを示した。

映画が描く“運命の出会い”に話題が及ぶと、「僕にとっては、ジャニー社長(ジャニー喜多川さん)ですね。人生を変える瞬間にたくさん出会えた」としみじみ。「かなり怒られたりもしましたが、その時間があったからこそ、今の自分がある。自分が出演した作品を観て『ユーは役者だよ』と言ってくださり…。こうやって作品を背負っているのが、ジャニーさんへの恩返し」だと胸を張る場面も。さらに深川監督に対し、「僕のことをしっかり役者にしていただいた」と敬意を表していた。

初共演した松本さんについては「(演じる)美咲さんとして現場に立っていてくれたので、見とれながら。それに(撮影中)会えない時間もあり、思いをはせていた」と回想。一方の松本さんは、「普段の健人くんは、プロとしてしっかりしているし、キラキラしていますが、現場では本当に晴人くんになっていて、キラキラオーラもなくしていて」と明かし、「私もずっと恋愛モードでいられ、美咲として生きることができた」と感謝の意。作品について改めて「一瞬一瞬が大切だと改めて思えるストーリー」(中島さん)、「人を愛する素晴らしさ、時間の尊さ。大切な温かいものが詰まっている」(松本さん)とアピールしていた。

Netflix映画『桜のような僕の恋人』2022年3月24日(木)より全世界独占配信。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
【Netflix映画】ブライト 2017年12月22日よりNetflixにて全世界同時オンラインストリーミング

【Netflix映画】マッドバウンド 哀しき友情 2017年11月17日よりNetflixにて全世界同時配信

【Netflixオリジナルドラマ】オルタード・カーボン 2018年2月2日より全世界同時オンラインストリーミング
2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミング
【Netflix映画】レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-


関連リンク

  • 11/10 20:15
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます