綾野剛、出演決意の理由は「米倉さんの瞳」初共演での印象も明かす<新聞記者>

【モデルプレス=2021/11/10】女優の米倉涼子と俳優の綾野剛が10日、都内で行われた「Netflix Festival Japan 2021」に、メガホンをとった藤井道人監督と出席。役作りの秘訣や互いの印象について明かした。

2人は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュな映像で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得し、大ヒットした映画『新聞記者』とは違ったアプローチで、さらに深く、刺激的に現代社会の問題を浮き彫りにしていくNetflixシリーズ「新聞記者」(2022年1月13日より全世界独占配信)に出演。

本作の主人公、“新聞業界の異端児”と呼ばれる記者・松田杏奈を演じるのは、これまで様々な「闘う女性」を演じてきた米倉。さらに、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を綾野、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜流星が演じ、3つの視点から物語が描かれる。監督を務めるのは映画版に引き続き、藤井道人。真実を追求し続ける新聞記者が、政府が起こした自殺者をも出してしまった公文書改竄事件の真相を追う。報道側、政権側、市井の人々。それぞれの正義が鬩ぎ合う中、葬られた事件の真相に迫っていく。

◆米倉涼子、役作りは「私の構想をすべてぶち壊された」

MCを務めたトラウデン直美から「役作りは大変だっただろうなと感じました」と声をかけられた米倉は「そうですね。今回は藤井監督と一緒に新聞社で働く記者さんのところにお伺いして、1日だったんですけど、気が付いたらかなり長い時間、いろんなフロアーを紹介していただいたり、実際に記者さんにお話をうかがったりして、どんな立ち位置で、どんな気持ちでお仕事をされているのかという取材をさせていただきました」と明かし、強いヒロインを数多く演じている米倉だが「私は最初、強いキャラクターを作っていこうと思っていたんですけど、(撮影に)入ってすぐ、官房長官を攻め立てるシーンをやっているときに、その時点で監督がちょっと違うみたいな感じで、ある方に取材をしに行くシーンももっと強く、今まで通り失敗しない女というよりは『負けない!絶対聞いてやる』という強さを表に出して、圧力でいこうとしたら、『ヨネさん、違うんです。もっと声も小さく静かでいいんで』って。私の構想をすべてぶち壊されたんですけど、新しい役の姿をいただけたなと思って感謝しています。(今回は)地味な戦うヒロインです」と語った。

◆綾野剛、オファーを受けた理由に「米倉さんの瞳」

また、本作への出演が決まった際の心境を尋ねられた綾野は「とても信頼している藤井監督からのオファーということで、断る理由がなかったというのと、主演が米倉さんと聞いていたので、ぜひご一緒したいという思いで、前々から米倉さんの瞳はとても研ぎ澄まされていて、最後にその瞳の中に映る景色はどうなっているんだろうなというのを、自分自身、この作品を通して1番見たいところではあったので、即決でお受けいたしました」と打ち明け、「なんか、記者のみなさんの前で記者の話をするってとても楽しいですね」と笑顔を見せると、「たくさんいろんな考えがある中で、それぞれが持っている情熱がみなさんきっとあるでしょうし、そういったみなさんを見て、ある種この作品で米倉さんが演じた役もそうですし、僕もそうですけど、常にそういったイコールで結ばれている関係性だと思うと、今日はすごく元気をもらえますね」と声を弾ませた。

さらに、2人は今回が初共演だったそうで、お互いの印象を聞かれると、米倉は「かっこよくて、噂で変わり者と…。変わり者なんでしょうけど、とにかくストイックで、今回は体作りとかも頑張って、どんどん病んでいく姿を見て『頑張っているな。偉いな』『私は頑張り足りないのかな…』なんて思いながら見ていました(笑)」と吐露し、綾野は「ただただ素敵な人です。その一言に尽きます。温かいんですよ、米倉さんって」と絶賛。これに米倉は「すいません、褒めてもらっちゃって。ありがとうございまーす」と照れ笑いを浮かべた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/10 19:11
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます