「相性あってなくね...?」彼とのキスがかみ合わない【本当の原因】

拡大画像を見る


彼とのキスが、なんとなくかみ合わないと感じたことはありませんか?キスも、二人の相性が悪いと、違和感を抱くだけになる可能性が高いでしょう。
そこで今回は、彼とのキスがかみ合わない「本当の原因」について解説します。


二人の呼吸が合わない

キスのとき、息を吸うタイミングがズレていると、二人の呼吸がかみ合わなくてギクシャクするでしょう。そうなると、唇をどこで離していいのかもわからなくなります。
まずは落ち着いて、相手の呼吸をよく聞きとってみましょう。そうすると、自然に二人の呼吸が合ってくるはずです。


首の角度が合わない

キスの途中に相手の鼻が当たって気になると、キスに集中しにくくなります。それは、お互いに首を傾ける角度が合ってないのかもしれません。
キス前には、最初によく見つめ合って、少しずつ目を閉じながら顔を近づけてみましょう。そうすると、二人の首を傾ける角度のズレがなくなります。


キスをしたいシチュエーションが違う

男性は、気持ちでキスをしたくなることが多いようです。それに比べると女性は、キスをするときのシチュエーションにもこだわりたくなりますよね。
彼が急にキスをしたくなっても、場所が悪いと女性側は気が乗らなくなります。それが理由で拒んだとしても、男性は「自分が嫌われた」と勘違いして、二人の間に溝ができるのです。


ニオイを不快に感じる

口のニオイは、人それぞれ違いがありますよね。もし、彼の口臭が「嫌だな」と感じたら、キス中もいい気分にはなれないでしょう。
しかし、こればかりは合わせることが難しいもの。女性は、とくに男性よりもニオイに敏感なため、キス中に我慢していると彼とかみ合わなくなる可能性は高いです。

彼とキスがかみ合わなくなるのは、キスの仕方に多少のズレがあることが原因のひとつ。また、生理的に合わないという理由もあるため、どうしても受け入れられないケースもあるでしょう。
キスの相性が合わないと感じたら、まずは二人のタイミングを合わせながら様子をみてみましょう。

関連リンク

  • 11/10 13:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます