朝ドラ「カムカム-」想定一変 制作統括「祭りのあと」のつもりが予想外のコロナ

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、前8・00ほか)を担当する大阪放送局の堀之内礼二郎制作統括が10日、オンラインで行われた取材会に参加した。

 堀之内氏はコロナ禍前の2019年春に、21年後期の朝ドラを手がけることが決まったという。当時は「20年は東京五輪でイケイケドンドンの時代になって、日本のピークが来るかもと。東京五輪はお祭りになり、直後(20年後期)の朝ドラだと作りにくいなと思っていたが、僕らはその1年後。祭りのあとから回復していく日本だろうと」と想定していたという。

 続けて「1年前に五輪があって、より国際化、グローバリゼーションが広まっていて、英語というテーマは面白いと思っていた」と明かした。結果的には突然のコロナ禍で五輪が延期されるなど、予想外の状況になった。堀之内氏は、今作の岡山編で上白石萌音演じるヒロイン・安子の生活を一変させる戦争とも重ね合わせて「企画の意味は深まったかなと思う」と話していた。

関連リンク

  • 11/10 18:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます