細木さん勧めでモンキッキーに改名のおさるショック「突然過ぎて言葉もでません」

拡大画像を見る

 占術家の細木数子さんが8日に呼吸不全で亡くなったことが10日、分かった。83歳だった。訃報を受け、2004年に番組内で細木さんからの勧めで「おさる」から「モンキッキー」に改名したタレント・おさる(53)がお悔やみのコメントを発表した。

 おさるは「突然過ぎて言葉もでません。私おさるはテレビ番組で細木先生に『モンキッキー』という名前に改名していただきました。この事は、私の芸能生活の大きな1ページとなりました。」と振り返った。「当時、改名のニュースで浮かれていた私に『改名の話題はすぐ消えるから、あなたはもっと見聞を広めなさい!!』と厳しくも愛のある一言をいただきました。今も、この言葉が胸に残っています。」と改名後も気にかけていてもらったと告白。「先生からいただいたお言葉を大事に、更に精進して参ります。細木先生ありがとうございました。心からお悔やみ申し上げます」と悼んだ。

 おさるは04年にモンキッキーに改名後、12年におさるに戻した。その後、17年に再度モンキッキーにし、20年におさるへ三たび戻していた。

関連リンク

  • 11/10 18:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます